コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二毛 ジモウ

デジタル大辞泉の解説

じ‐もう【二毛】

白髪まじりの頭髪。また、その年ごろの人。〈和英語林集成

に‐げ【二毛】

《「にけ」とも》馬の毛色の名。白黒2色まじったもの。「逃げ」に掛けることもある。ねずみげ。
「忠清は―の馬にぞ乗りにける」〈平家・五〉

に‐もう【二毛】

白髪のまじっている髪。また、そのような老人。
「―の嘆きを撥(はら)はむ」〈・八〇四・題詞

ふた‐け【二毛】

鹿のの地色に、他の色が加わること。夏は赤みを、秋は黒みを帯びる。
「落ちかはる―の鹿のくもり星ややあらはるる夏はきにけり」〈夫木・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にげ【二毛】

馬の毛色の名。白・黒二色の毛。音が「逃げ」に通じるので、武士はこれを忌んで用いるのを避けた。

にもう【二毛】

白髪まじりの髪。また、そのような人。老人。じもう。 「 -の歎を撥はらふ/万葉集 八〇四序

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

二毛の関連キーワードホイリー(会理)県小麦の生産と販売アーントーン県チエンマイ県国分 城一郎激変緩和措置国分城一郎安城[市]中川 佐平群馬(県)黒瀬[町]慶尚南道菊池平野中川佐平斎藤定輝田畑輪換両総用水鞭毛菌類中村義上二毛菌類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二毛の関連情報