コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南家 なんけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南家
なんけ

藤原氏4家の一つ。不比等 (ふひと) の長男武智麻呂 (むちまろ) の流れ。奈良時代に栄えた。なかでも武智麻呂の次男仲麻呂は孝謙天皇の信任を得て,恵美押勝 (えみのおしかつ) の姓名を賜わり,橘奈良麻呂反乱を鎮定して独裁政権を築いたが,道鏡排斥の反乱を起して殺され,以来衰えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

南家【なんけ】

藤原氏

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

なんけ【南家】

藤原四家の一。不比等の長子武智麻呂の系統。その邸が弟房前の邸の南に位置したことからいう。仲麻呂時代、全盛を誇ったが、のちに衰退。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南家
なんけ

藤原四家(よんけ)の一つ。藤原不比等(ふひと)の長男武智麻呂(むちまろ)を祖とする。武智麻呂の子豊成(とよなり)は右大臣となったが、二男仲麻呂(なかまろ)(恵美押勝(えみのおしかつ))が謀反走って以来家運は衰え、藤原氏の主流は北家(ほっけ)に移った。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の南家の言及

【藤原氏】より


[平安時代]
 光仁天皇に続いて立った壮年の桓武天皇は,784年(延暦3)に長岡京,794年には平安京への遷都を断行し,前代以来の蝦夷征討も推進するなどの積極的な政策をとり,久しぶりに天皇主導の時代となったが,その後宮にはやはり藤原氏から皇后として良継の娘の乙牟漏(おとむろ)(平城,嵯峨の母),夫人として百川の娘の旅子(淳和の母)らが送りこまれていた。もっとも藤原氏もこのころになるとかつての不比等とその4子の時代のようなまとまりはなく,いわゆる南家(武智麻呂),北家(房前),式家(宇合),京家(麻呂)の4家に分かれ,それぞれ栄達を競っていた。このうちで南家は仲麻呂が出たために打撃を受け,式家は乙牟漏や旅子の従兄弟にあたる種継が桓武天皇に信頼されて長岡京造営を指揮している最中に暗殺され,また種継の子の薬子(くすこ)・仲成兄妹は薬子の変を起こし,京家では麻呂の子の浜成が桓武即位の当初に大宰府へ追放されたあと活躍する人材がなく,光仁朝の永手以後は目だたなかった北家から内麻呂が出て平城朝に右大臣となり,続く冬嗣,良房,基経の3代で他家を完全に圧倒するに至った。…

【藤原武智麻呂】より

…豊成,仲麻呂の父。南家の祖。平城京の左京の私邸が房前の北家に対し南にあったので南卿,南家とよばれた。…

※「南家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南家の関連キーワード藤原貞子(1)北家(藤原氏)藤原巨勢麻呂藤原武智麻呂藤原久須麻呂藤原小湯麻呂藤原富士麻呂藤原辛加知藤原美都子藤原南夫人藤氏の四家南惣美術館藤原文山三井嘉菊藤原執棹藤原真作藤原継縄藤原範宗藤原仲統藤原高松

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南家の関連情報