コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五井蘭洲 ごい らんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五井蘭洲 ごい-らんしゅう

1697-1762 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)10年4月8日生まれ。五井持軒(じけん)の子。父に朱子学,国学をまなぶ。享保(きょうほう)11年中井甃庵(しゅうあん)にまねかれ大坂懐徳堂の助教となる。陸奥(むつ)弘前藩(青森県)につかえるが,懐徳堂にもどる。堂の基礎を確立し,中井竹山・履軒(りけん)をそだてた。「非物篇」をあらわし,徂徠(そらい)学を批判した。宝暦12年3月17日死去。66歳。大坂出身。名は純禎。字(あざな)は子祥。通称は藤九郎。著作はほかに「古今通」「承聖篇」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

五井蘭洲【ごいらんしゅう】

江戸中期の朱子学者。名は純禎,字は子祥(ししょう)。大坂の人。陸奥(むつ)津軽(つがる)藩に一時仕え,同藩致仕の後,帰坂して懐徳堂(かいとくどう)創設時の助教となった。
→関連項目土橋友直中井竹山

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

五井蘭洲

没年:宝暦12.3.17(1762.4.11)
生年:元禄10.4.8(1697.5.27)
江戸時代中期の儒学者。名は純禎,字は子祥,通称は藤九郎。号は蘭洲,冽庵。朱子学者持軒の次男。幼少より家学に志したが,家貧しく苦学しつつ家計を助けた。享保初め中井甃庵 と相知る。享保11(1726)年懐徳堂助教となり声望を集めた。翌年江戸に赴き,4年の後津軽藩に仕えたが,元文4(1739)年帰坂。病がちの甃庵を助け懐徳堂の堂勢を旧に復した。墓所は大阪上本町美相寺。<著作>『非伊編』『非物編』『承聖編』『瑣語』『古今通』『勢語通』『源語提要』『万葉集詁』『源語詁』『茗話』『蘭洲遺稿』<参考文献>西村時彦『懐徳堂考』(復刻,1984)

(水田紀久)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごいらんしゅう【五井蘭洲】

1697‐1762(元禄10‐宝暦12)
江戸中期の大坂の儒者。名は純禎,字は子祥,通称藤九郎,蘭洲は号。父持軒に朱子学を学び,中井甃庵(しゆうあん)に招かれ懐徳堂の助教となった。一時津軽藩に仕え,帰坂後も堂で教えて基礎を固め,甃庵の子竹山・履軒兄弟を薫育した。伊藤仁斎批判の《非伊編》,荻生徂徠論難の《非物編》(1784),随筆《瑣語》,日本古典研究書《古今通》《勢語通》《源語提要》を著し,学は和漢にわたった。【水田 紀久】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごいらんしゅう【五井蘭洲】

1697~1762) 江戸中期の儒者。大坂の人。名は純禎としさだ。懐徳堂教授。荻生徂徠を批判して宋学を弁護。また、国文・和歌の研究にも携わった。著「非物篇」「瑣語」「勢語通」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五井蘭洲
ごいらんしゅう
(1697―1762)

江戸中期の儒者。名は純禎、字(あざな)は子祥(ししょう)、通称は藤九郎。蘭洲は号。別名は冽庵(れつあん)、梅塢(ばいお)など。大坂町人で朱子学者であった持軒(じけん)(1641―1721)の子として、元禄(げんろく)10年に生まれる。父について朱子学、国学を学ぶ。1724年(享保9)懐徳堂(かいとくどう)が大坂尼崎(あまがさき)町(大阪市中央区今橋)に創設され、1726年幕府免許の学問所になると、蘭洲はその助教に選ばれた。1731年弘前(ひろさき)藩儒となるが、1739年(元文4)辞任して大坂に帰り、懐徳堂助教に復帰、のち教授。終生、懐徳堂の基盤確立に尽力した。宝暦(ほうれき)12年3月17日没、66歳。大坂上本町(うえほんまち)(大阪市天王寺区上本町)の浄土宗寰公山(かんこうざん)実相寺(じっそうじ)に葬られる。蘭洲は朱子学を重んじたが固執せず、しばしば独自の見解をたて、国学上でも考証的な業績を残した。徂徠(そらい)学派に対しては一貫して批判的態度をとった。著書に『古今通(ここんつう)』(1752~1754ころ)『左伝蓄疑(さでんちくぎ)』『瑣語(さご)』(1767)『非物篇(へん)』(1766成立)『蘭洲先生遺稿』などがある。[三宅正彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

五井蘭洲 (ごいらんしゅう)

生年月日:1697年4月8日
江戸時代中期の儒学者
1762年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

五井蘭洲の関連キーワード国学(近世)加藤景範服部栗斎生年月日五井純禎中井履軒夢の代国文和歌弁護

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android