コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十肩(読み)ごじゅうかた(英語表記)frozen shoulder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五十肩
ごじゅうかた
frozen shoulder

五十腕ともいう。 40歳から 50歳前後によく起る肩関節の疼痛と運動障害。特に腕の外転と内・外旋のときに痛みが激しいので,髪の毛をとかしたり,帯を結ぶことが困難になる。一種の老化現象で,関節周囲の筋肉や,腱の退行変性,滑液包炎,肩鎖関節変性などを引き金にして発症する。最も多いのは肩関節周囲炎であるが,それらを一括して五十肩症候群と考えられる。治療は主として対症療法であるが,長命病といわれるように比較的予後がよく,自然に治癒するものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

五十肩【ごじゅうかた】

四十肩とも。40〜50歳以後に起こる肩の痛みと肩関節の運動障害を伴う症状。原因としては肩甲関節周囲炎,変形性肩関節症,肩関節抱縮等があげられ,特に老人性肩甲関節炎によることが多い。痛みはしばしば腕や後頭部に波及する。腕を高くあげたり,後ろに回したりすることが特に困難で,激痛を伴うことがある。予後は良好で,6〜7ヵ月でなおることが多い。治療は温湿布,超短波療法,入浴,マッサージ,運動療法のほか,鎮痛薬や副腎皮質ホルモンの局部注射等。
→関連項目肩こり

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごじゅうかた【五十肩】

中年以降になって,特別の原因がないのに肩に痛みをおぼえ,同時に肩の動きも悪くなって腕をあげたりすることができなくなった状態を五十肩という。四十肩ともいう。疼痛が主体の急性期と運動制限が著しい慢性期に分けられる。前者が疼痛性筋痙縮期,後者が筋性拘縮期で凍結肩frozen shoulderと呼ばれる。 肩関節は肩甲骨の小さな関節窩(か)に球状の上腕骨頭が接続している。あらゆる方向の運動ができる反面,不安定で脱臼しやすい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごじゅうかた【五十肩】

四〇~五〇歳代にみられる肩関節の運動制限や痛みなどを呈する疾患。関節組織の慢性炎症が原因。五十腕。四十肩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五十肩
ごじゅうかた

(かた)関節周囲炎に相当するものをさし、肩関節の周囲組織の老人性変化を基盤とした病変によっておこる。中老の人に多いところから五十肩とか四十肩とよばれる。関節周囲の変化としては腱(けん)炎、腱鞘(けんしょう)炎、腱板損傷、滑液包炎、関節包炎などがある。急性に発症するものと慢性に症状が増悪するものがあるが、主症状は肩関節の疼痛(とうつう)と運動制限である。
 上肢を動かすと肩関節の疼痛が強く、また夜間に疼痛のため睡眠が妨げられることもある。運動制限の程度はいろいろであるが、上肢があがらず、また上腕が回らない(外旋、内旋ができない)ので頭髪がとかせないとか、手が後ろに回らないので帯が結べない、ズボンの後ろのポケットに手が入らないなど、日常動作ができなくなる。上肢がほとんどあがらなくなることもある。このように運動障害が強いことから、凍結肩frozen shoulderともよばれる。
 症状が初めは軽く、だんだんと重くなって運動制限が高度になっても、その後は徐々に症状が軽快していく。多くは6か月、遅くとも1年以内に症状は消失する。両側の肩関節に同時にくることはほとんどないが、治ってから他側の肩関節に発生することがある。
 治療としては保存的療法が行われる。すなわち、局所の温熱がよく、鎮痛消炎剤の内服や局所麻酔剤などの注射が疼痛を除くために行われる。疼痛の強くない程度に肩関節の自働運動をすることが必要で、家庭では入浴と上肢の体操を十分に行うようにする。予防にも、上肢の運動を日ごろからよく行っておくことがよいと考えられ、また上肢の無理な急激な動作をしないように心がけることである。[永井 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五十肩の関連情報