コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五戸[町] ごのへ

2件 の用語解説(五戸[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

五戸[町]【ごのへ】

青森県南東部,八戸(はちのへ)市の西に接する三戸(さんのへ)郡の町。中心集落は五戸川に沿い,陸羽(りくう)街道の宿駅として発達。稲作のほか,畑作,畜産,果樹栽培が行われ,リンゴナガイモなどを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごのへ【五戸[町]】

青森県南部,三戸(さんのへ)郡の町。人口1万8214(1995)。三本木原台地南端を占め,台地を刻む五戸川と浅水川沿いに集落が分布する。古くから馬産地として知られ,町名も南部藩が馬産振興策としてこの地方を九つの戸(牧場の意)に区分したことに由来する。中心の五戸は近世には代官所が置かれ,陸羽街道の宿場でもあったが,東北本線の路線からはずれ,とり残された。1930年に尻内(現,八戸市)~五戸間に五戸電気鉄道(のち南部鉄道と改称)が開通したが,68年の十勝沖地震で不通となったのを機に廃線となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五戸[町]の関連キーワード南部野辺地八戸さんのへしちのへろくのへ真田太古三戸師親南部光行むかひ鶴

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone