コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五戸[町] ごのへ

百科事典マイペディアの解説

五戸[町]【ごのへ】

青森県南東部,八戸(はちのへ)市の西に接する三戸(さんのへ)郡の町。中心集落は五戸川に沿い,陸羽(りくう)街道の宿駅として発達。稲作のほか,畑作畜産,果樹栽培が行われ,リンゴ,ナガイモなどを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごのへ【五戸[町]】

青森県南部,三戸(さんのへ)郡の町。人口1万8214(1995)。三本木原台地南端を占め,台地を刻む五戸川と浅水川沿いに集落が分布する。古くから馬産地として知られ,町名南部藩が馬産振興策としてこの地方を九つの戸(牧場の意)に区分したことに由来する。中心の五戸は近世には代官所が置かれ,陸羽街道宿場でもあったが,東北本線の路線からはずれ,とり残された。1930年に尻内(現,八戸市)~五戸間に五戸電気鉄道(のち南部鉄道と改称)が開通したが,68年の十勝沖地震不通となったのを機に廃線となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五戸[町]の関連情報