コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五戸川 ごのへがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五戸川
ごのへがわ

青森県南東部にある川。十和田湖東方の戸来 (へらい) 岳と十和利山に源を発し,新郷村松木田で合流,東流して太平洋に注ぐ。全長 56km。三本木原の台地の南部を浸食し,河岸には狭長な谷底平野が形成され,水田地域になっている。流域は米のほか野菜の産出が多い。河口付近は八戸新産業都市に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごのへ‐がわ〔‐がは〕【五戸川】

青森県南東部を流れる川。十和田湖東方の戸来(へらい)岳(標高1159メートル)に源を発し、太平洋に注ぐ。長さ50.7キロ。流域は農林・牧畜業が盛ん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五戸川
ごのへがわ

青森県南東部を東流する川。十和田(とわだ)湖東方の戸来(へらい)岳に水源をもち、東流して太平洋に注ぐ。延長50.7キロメートル。流域面積242.8平方キロメートル。三戸(さんのへ)丘陵を刻み幅300メートルの谷底平野を形成し、金ヶ沢付近で三川目(みかわめ)川と合流する。下流は五戸台地を流れて幅1~2キロメートルの谷底平野をつくり、河口付近の八戸市市川ではハウスイチゴの栽培が行われる。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

五戸川の関連キーワード青森県三戸郡新郷村新郷[村]倉石[村]五戸(町)五戸[町]五戸町五戸倉石如空

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android