コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五条通 ごじょうどおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五条通
ごじょうどおり

京都市の市街地南部を東西に通じる街路東大路に面する西大谷 (大谷本廟) の門前から西は桂川左岸の西京極にいたる。第2次世界大戦中に拡張され,幅 40~50m (JR山陰本線以西は 22m) の大通りとなった。現在は国道1号線および9号線と重なり,自動車道として重要。なお,平安京五条通は現在の松原通であり,現在の五条通は平安京の五条と六条のちょうど中間にあたった。豊臣秀吉により,鴨川の五条大橋が現在の五条 (当時の六条坊門) に移された際,街路名も改められた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕五条通(ごじょうどおり)


京都市中央部を東西に通じる街路。烏丸(からすま)通との交差点を境に以東は国道1号、以西は山陰地方と結ぶ国道9号に通じる。平安京の五条通は現在の松原(まつばら)通に相当。天正(てんしょう)年間(1573~92)豊臣秀吉(とよとみひでよし)が五条大橋を六条坊門(ろくじょうぼうもん)通の延長部に移したため、こちらが五条通となった。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五条通
ごじょうどおり

京都市を東西に通ずる道路。平安京の五条大路は現在の松原通にあたるが、牛若丸と武蔵坊(むさしぼう)弁慶の伝説で知られた五条橋を、豊臣(とよとみ)秀吉が六条坊門小路の鴨川に移したので、これが五条通となった。第二次世界大戦中、五条通は建物の強制疎開によって拡張され、現在では東は国道1号、西は国道9号に通じる幹線道路である。鴨(かも)川を渡る五条大橋の東詰に京阪電鉄京阪本線清水五条駅、また烏丸(からすま)通と交わる地点に市営地下鉄烏丸線五条駅がある。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

五条通の関連キーワード竹中エンジニアリング東芝ホクト電子七宝(工芸)ワイエムシィ麩屋町通り醒ヶ井通り天明の大火松本重太郎万寿寺通り御幸町通り柳馬場通りタナックス堺町通り公成建設寺町通り伏見街道織田武雄御池通堀川通五条坂

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五条通の関連情報