コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本太郎 さかもとたろう

4件 の用語解説(坂本太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂本太郎
さかもとたろう

[生]1901.10.7. 浜松
[没]1987.2.16. 東京
国史学者。 1926年東京大学卒業。 45年東京大学教授。史料編纂官を兼ね,のち 51年東京大学史料編纂所長。 58年日本学士院会員。 62年東京大学名誉教授。日本古代史を専攻し,その実証的史風は高く評価されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さかもと‐たろう〔‐タラウ〕【坂本太郎】

[1901~1987]国史学者。静岡の生まれ。東大・国学院大教授。日本の古代史を専攻、制度史研究に業績を残した。文化勲章受章。著「大化改新の研究」「日本古代史の基礎的研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本太郎 さかもと-たろう

1901-1987 昭和時代の日本史学者。
明治34年10月7日生まれ。昭和20年東京帝大教授となり,26年から東大史料編纂(へんさん)所長を兼任。のち国学院大教授。厳密な史料批判にもとづいた実証主義の立場から日本古代史の研究を推進した。57年文化勲章。昭和62年2月16日死去。85歳。静岡県出身。東京帝大卒。著作に「大化改新の研究」「日本古代史の基礎的研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂本太郎
さかもとたろう
1901―1987

日本史学者。現在の静岡県浜松市に生れ、旧制第8高等学校を経て1926年(大正15)東京帝国大学国史学科を卒業。1935年(昭和10)文学部助教授、1945年教授となり、第二次世界大戦後の国史学研究室の再建、また東京大学史料編纂(へんさん)所所長として業務の発展に貢献した。1958年日本学士院会員となり、1962年東大退官後は国学院大学教授を務めた。史学会理事長、日本歴史学会会長、文化財保護審議会会長なども務め、1972年文化功労者、1982年文化勲章を受章した。津田左右吉(つだそうきち)の記紀批判に批判的な立場をとりながら『日本書紀』の記述について考察を加えた『大化改新の研究』(1938年)、『日本古代史の基礎的研究』(1964年)など多くの著述を通じ、厳密な史料批判のうえにたつ古代史研究の基礎を確立した。[笹山晴生]
『坂本太郎著作集編集委員会編『坂本太郎著作集』全12巻(1988~1989・吉川弘文館) ▽青木和夫ほか著「先学を語る――坂本太郎博士」(『東方学』84)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂本太郎の関連キーワード浅香年木石田一良上横手雅敬栗田元次高柳光寿宝月圭吾丸山二郎竜粛渡部義通渡辺世祐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂本太郎の関連情報