コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜硝酸ナトリウム アショウサンナトリウム

3件 の用語解説(亜硝酸ナトリウムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あしょうさん‐ナトリウム〔アセウサン‐〕【亜硝酸ナトリウム】

硝酸ナトリウムを熱分解して得られる無色の結晶。水に溶けやすい。アゾ染料の製造や食品添加物などに利用。化学式NaNO2

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

亜硝酸ナトリウム

 亜硝酸塩の一つ.食品添加物として,ハム,ソーセージベーコンタラコイクラなどの発色剤として使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あしょうさんナトリウム【亜硝酸ナトリウム】

亜硝酸塩の一。淡黄白色の結晶。化学式 NaNO2 二級アミンと反応して、発癌性のあるニトロソアミンを生成する。ジアゾ化などの有機合成に用いられ、食品添加物・染色などにも利用される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の亜硝酸ナトリウムの言及

【心臓薬】より

…狭心症治療薬も心臓作用薬と考えられるわけである。古典的な冠血管拡張薬としてニトログリセリン,亜硝酸ナトリウムのような亜硝酸化合物があり,合成冠血管拡張薬としてはジピリダモールやカルボクロメンがある。プロプラノロールなどの交感神経β遮断薬が近年,狭心症に用いられるようになったが,おもな作用機構は心筋酸素消費を減少させることであろうと考えられている。…

※「亜硝酸ナトリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

亜硝酸ナトリウムの関連キーワード亜硝酸塩亜硝酸菌硝化細菌亜硝酸カリウムグリース試薬硝化菌亜硝酸塩焼け亜硝酸氷亜硝酸窒素亜硝酸アミル

亜硝酸ナトリウムの関連情報