人性論(読み)じんせいろん(英語表記)A Treatise of Human Nature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人性論
じんせいろん
A Treatise of Human Nature

イギリスの哲学者デービッド・ヒュームの最初の著作で主著。 1739~40年著。カントや T.リードに決定的影響を与えた。イギリス経験論を自己破壊にまで追いつめたとされるが,彼の懐疑理知の万能に対するそれで,真意は理知の限界を明らかにすることにあった。構成は序文,第1編-悟性について,第2編-感情について,第3編-道徳について,となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android