コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぬまswamp

翻訳|swamp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ぬま
swamp

水深が1~5mで,いたるところに沈水植物が繁茂している湖沼沼は時間の経過とともに,その姿を変えていく。この変化は非常にゆるやかなものであるが,その主要な作用は湖沼の埋積による。その結果,湖→沼→沼沢と変化して,終局的には湿地から草原となる。沼沢はこの変化の過程で開水面のある最後の段階と考えられる。 (→湖沼 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう【沼】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉)(漢) [訓]ぬま
〈ショウ〉ぬま。「沼沢湖沼
〈ぬま〉「沼地泥沼

ぬ【沼】

ぬま。多く複合語として用いる。「隠(こも)り
「行くへなみ隠(こも)れる小(を)―の下思(したも)ひに我(あ)れそ物思ふこのころの間」〈・三〇二二〉

ぬま【沼】

より浅い水域。ふつう、水深は5メートル以内で、フサモクロモなどの水中植物が繁茂する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

沼【ぬま】

湖よりも浅く深さ1〜5mくらいで,沈水植物(エビモ,フサモのように葉,茎が水中にある)が繁茂するもの。もっと浅くなると沼沢(しょうたく)といい,抽水(挺水(ていすい))植物(ヨシ,マコモなど)が繁茂するようになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぬ【沼】

ぬま。 「埴安はにやすの池の堤の隠り-の/万葉集 201

ぬま【沼】

一般に、水深5メートル 以内の水域。水草が茂り、透明度が低い。湖との区別は明確でない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ぬま

湖沼のうち水深がおよそ5メートル以下で、湖心部においても沈水植物が繁茂する水域。沼よりさらに浅く、最大水深が2~3メートル以下で、全体が抽水(ちゅうすい)植物におおわれた水域は沼沢(しょうたく)とよぶ。なお、抽水植物とは、水面上に茎や葉をのばすヨシやガマなどをいう。
 固有名詞としての「沼」の呼び名は、この分類と一致しない場合が少なくない。たとえば、群馬県の尾瀬沼(おぜぬま)(水深9.5メートル)と菅沼(すげぬま)(水深75メートル)など、沼の名がつけられた湖がある。福島県沼沢湖(ぬまざわこ)(水深96メートル)は、歴史的に沼沢沼(ぬまざわぬま)とよばれてきた。[新井 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【湖沼】より

…湖沼とは,海と直接にはつながらず,陸地に囲まれた盆地内に水をたたえた半閉鎖的な静水塊を指す。静水塊とは,河川など水の流動がきわめて大きな水塊に対する言葉である。…

※「沼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沼の関連キーワード青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘野田福島県伊達市保原町上保原北海道天塩郡天塩町更岸北海道富良野市東鳥沼山形県山形市蔵王温泉コウホネ(河骨)茨城県桜川市岩瀬静岡県磐田市岩井埼玉県蓮田市城六ヶ所[村]第一阿蘇鉱山阿曾沼光郷小竹田丁子小幡小平次湿草地鉱床リムナイト沼沢地鉱床小川原湖低湿地帯沼沢鉱床

沼の関連情報