(読み)ぬま

日本大百科全書(ニッポニカ)「沼」の解説


ぬま

湖沼のうち水深がおよそ5メートル以下で、湖心部においても沈水植物が繁茂する水域。沼よりさらに浅く、最大水深が2~3メートル以下で、全体が抽水(ちゅうすい)植物におおわれた水域は沼沢(しょうたく)とよぶ。なお、抽水植物とは、水面上にや葉をのばすヨシやガマなどをいう。

 固有名詞としての「沼」の呼び名は、この分類と一致しない場合が少なくない。たとえば、群馬県の尾瀬沼(おぜぬま)(水深9.5メートル)と菅沼(すげぬま)(水深75メートル)など、沼の名がつけられた湖がある。福島県沼沢湖(ぬまざわこ)(水深96メートル)は、歴史的に沼沢沼(ぬまざわぬま)とよばれてきた。

[新井 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「沼」の解説

しょう【沼】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉)(漢) [訓]ぬま
〈ショウ〉ぬま。「沼沢湖沼
〈ぬま〉「沼地泥沼

ぬま【沼】

より浅い水域。ふつう、水深は5メートル以内で、フサモクロモなどの水中植物が繁茂する。
俗に、趣味などに夢中になることを表す言葉。沼や底なし沼に入り込んで出られなくなる状態にたとえたもので、「沼にはまる」「カメラ沼に落ちる」のように用いる。

ぬ【沼】

ぬま。多く複合語として用いる。「隠(こも)り
「行くへなみ隠(こも)れる小(を)―の下思(したも)ひに我(あ)れそ物思ふこのころの間」〈・三〇二二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「沼」の解説

ぬま【沼】

〘名〙 一般に、深さ五メートル以下で底は泥ぶかく、クロモ・フサモなどの沈水沿岸植物が生えている、規模の小さい湖沼をいう。湖とは厳密には区別されていない。ぬ。
※古事記(712)中「新羅の国に一つの沼(ぬま)有り、名をば阿具奴摩(ヌマ)と謂ふ」
[語誌]上代には、沼を指す語としてヌマのほかにヌも用いられていた。しかし、ヌマが挙例のように単独でも用いられたのに対し、ヌは、「隠沼乃(こもりぬノ)」〔万葉‐二〇一〕や「隠有小沼乃(こもりぬノ)」〔万葉‐三〇二二〕のように、ほとんどが複合語中に見られるところから、ヌはヌマの古い語形と考えられる。

ぬ【沼】

〘名〙 ぬま。多く、他の語に付いて複合語を作る。「こもりぬ」「おぬ」など。
※金剛般若経讚述嘉祥四年点(851)「猶し汎べる舟の、東に邁ぐるときに、凝れる沼(ヌ)を、西に流ると矚たるが如く」
[補注]「大般若経字抄」「書陵部本名義抄」などでは、「沼」にヌをあげている。「書陵部本名義抄」では、ヌに平声、ウに上声の点を付しており、院政期頃には上昇調にヌウと発音されていたと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「沼」の解説


ぬま
swamp

水深が1~5mで,いたるところに沈水植物が繁茂している湖沼。湖沼は時間の経過とともに,その姿を変えていく。この変化は非常にゆるやかなものであるが,その主要な作用は湖沼の埋積による。その結果,湖→沼→沼沢と変化して,終局的には湿地から草原となる。沼沢はこの変化の過程で開水面のある最後の段階と考えられる。 (→湖沼 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「沼」の解説

沼【ぬま】

湖よりも浅く深さ1〜5mくらいで,沈水植物(エビモ,フサモのように葉,茎が水中にある)が繁茂するもの。もっと浅くなると沼沢(しょうたく)といい,抽水(挺水(ていすい))植物(ヨシ,マコモなど)が繁茂するようになる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のの言及

【湖沼】より

…湖沼とは,海と直接にはつながらず,陸地に囲まれた盆地内に水をたたえた半閉鎖的な静水塊を指す。静水塊とは,河川など水の流動がきわめて大きな水塊に対する言葉である。…

※「沼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android