コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぬまswamp

翻訳|swamp

10件 の用語解説(沼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ぬま
swamp

水深が1~5mで,いたるところに沈水植物が繁茂している湖沼。湖沼は時間の経過とともに,その姿を変えていく。この変化は非常にゆるやかなものであるが,その主要な作用は湖沼の埋積による。その結果,湖→沼→沼沢と変化して,終局的には湿地から草原となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう【沼】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉)(漢) [訓]ぬま
〈ショウ〉ぬま。「沼沢湖沼
〈ぬま〉「沼地泥沼

ぬ【沼】

ぬま。多く複合語として用いる。「隠(こも)り
「行くへなみ隠(こも)れる小(を)―の下思(したも)ひに我(あ)れそ物思ふこのころの間」〈・三〇二二〉

ぬま【沼】

より浅い水域。ふつう、水深は5メートル以内で、フサモクロモなどの水中植物が繁茂する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

沼【ぬま】

湖よりも浅く深さ1〜5mくらいで,沈水植物(エビモフサモのように葉,茎が水中にある)が繁茂するもの。もっと浅くなると沼沢(しょうたく)といい,抽水(挺水(ていすい))植物(ヨシ,マコモなど)が繁茂するようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぬ【沼】

ぬま。 「埴安はにやすの池の堤の隠り-の/万葉集 201

ぬま【沼】

一般に、水深5メートル 以内の水域。水草が茂り、透明度が低い。湖との区別は明確でない。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ぬま

湖沼のうち水深がおよそ5メートル以下で、湖心部においても沈水植物が繁茂する水域。沼よりさらに浅く、最大水深が2~3メートル以下で、全体が抽水(ちゅうすい)植物におおわれた水域は沼沢(しょうたく)とよぶ。なお、抽水植物とは、水面上に茎や葉をのばすヨシやガマなどをいう。
 固有名詞としての「沼」の呼び名は、この分類と一致しない場合が少なくない。たとえば、群馬県の尾瀬沼(おぜぬま)(水深9.5メートル)と菅沼(すげぬま)(水深75メートル)など、沼の名がつけられた湖がある。福島県沼沢湖(ぬまざわこ)(水深96メートル)は、歴史的に沼沢沼(ぬまざわぬま)とよばれてきた。[新井 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【湖沼】より

…湖沼とは,海と直接にはつながらず,陸地に囲まれた盆地内に水をたたえた半閉鎖的な静水塊を指す。静水塊とは,河川など水の流動がきわめて大きな水塊に対する言葉である。…

※「沼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沼の関連情報