コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁木悦子 ニキエツコ

4件 の用語解説(仁木悦子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にき‐えつこ【仁木悦子】

[1928~1986]推理作家。東京の生まれ。本名、二日市三重(ふつかいちみえ)。幼時にカリエスを発病、家庭で教育を受ける。「猫は知っていた」で江戸川乱歩賞を受賞。他に「林の中の家」「赤い猫」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁木悦子 にき-えつこ

1928-1986 昭和時代後期の小説家。
昭和3年3月7日生まれ。幼時にカリエスにかかり,車椅子の生活をおくる。はじめ童話をかくが,昭和32年「猫は知っていた」で江戸川乱歩賞。以後,推理小説を発表し,56年「赤い猫」で日本推理作家協会賞。昭和61年11月23日死去。58歳。東京出身。本名は二日市三重(ふつかいち-みえ)。著作に「粘土の犬」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

にきえつこ【仁木悦子】

1928~1986) 小説家。本名、二日市八重。東京生まれ。「猫は知っていた」によって、初めての本格的女流推理作家として話題になる。短編「赤い猫」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仁木悦子
にきえつこ
(1928―1986)

推理作家。本名二日市三重。東京生まれ。幼児のときカリエスにかかり、家庭で教育を受ける。1957年(昭和32)処女長編『猫は知っていた』が第3回江戸川乱歩賞受賞作として刊行され、本格派の女流作家として脚光を浴びる。以後、『林の中の家』(1959)、『殺人配線図』(1960)などを発表。アガサ・クリスティ風のドメスティックな作風が特色とされている。短編『赤い猫』で、81年度日本推理作家協会賞を受賞した。[厚木 淳]
『『猫は知っていた』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の仁木悦子の言及

【推理小説】より

…第2は,女性の目ざましい進出である。戦前は推理小説の女性愛読者は少なく,女性作家は皆無に近かったが,57年仁木悦子が応募した《猫は知っていた》が第3回江戸川乱歩賞を得てから,続々と女性による傑作が発表され,この点でもイギリス,アメリカの水準に達したといってよい。女性読者の数も松本清張の《点と線》(1958)の驚異的ブーム以後,飛躍的に増大しつつある。…

※「仁木悦子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仁木悦子の関連キーワード梶山季之藤原審爾山田克郎川上宗薫井手訶六折目博子小林美代子咲村観橋本昌樹横山美智子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仁木悦子の関連情報