コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁木悦子 ニキエツコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁木悦子 にき-えつこ

1928-1986 昭和時代後期の小説家。
昭和3年3月7日生まれ。幼時にカリエスにかかり,車椅子の生活をおくる。はじめ童話をかくが,昭和32年「猫は知っていた」で江戸川乱歩賞。以後,推理小説を発表し,56年「赤い猫」で日本推理作家協会賞。昭和61年11月23日死去。58歳。東京出身。本名は二日市三重(ふつかいち-みえ)。著作に「粘土の犬」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にきえつこ【仁木悦子】

1928~1986) 小説家。本名、二日市八重。東京生まれ。「猫は知っていた」によって、初めての本格的女流推理作家として話題になる。短編「赤い猫」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仁木悦子
にきえつこ
(1928―1986)

推理作家。本名二日市三重。東京生まれ。幼児のときカリエスにかかり、家庭で教育を受ける。1957年(昭和32)処女長編『猫は知っていた』が第3回江戸川乱歩賞受賞作として刊行され、本格派の女流作家として脚光を浴びる。以後、『林の中の家』(1959)、『殺人配線図』(1960)などを発表。アガサ・クリスティ風のドメスティックな作風が特色とされている。短編『赤い猫』で、81年度日本推理作家協会賞を受賞した。[厚木 淳]
『『猫は知っていた』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の仁木悦子の言及

【推理小説】より

…第2は,女性の目ざましい進出である。戦前は推理小説の女性愛読者は少なく,女性作家は皆無に近かったが,57年仁木悦子が応募した《猫は知っていた》が第3回江戸川乱歩賞を得てから,続々と女性による傑作が発表され,この点でもイギリス,アメリカの水準に達したといってよい。女性読者の数も松本清張の《点と線》(1958)の驚異的ブーム以後,飛躍的に増大しつつある。…

※「仁木悦子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仁木悦子の関連キーワード講談社文庫小説家

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android