今切(読み)イマギレ

大辞林 第三版の解説

いまぎれ【今切】

〔「いまきれ」とも〕 静岡県、浜名湖が遠州灘に通じる所。1498年の大地震で砂州が決壊してできた。江戸時代には渡し船が通い、新居の関が置かれた。現在は浜名湖大橋で結ばれている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今切
いまぎれ

静岡県西部、浜名湖が外洋(遠州灘(えんしゅうなだ))に通じる決壊口。東海道の要衝で、新居(あらい)宿(湖西(こさい)市)と舞坂(まいさか)宿(浜松市西区)間に位置し、渡船で結んだ。渡船場は新居関所(今切関所)に隣接していた。1498年(明応7)の大地震、1510年(永正7)の地震、津波で浜名湖の堤は決壊し、大きく湖口が破られて、半鹹(はんかん)半水湖になり現在に及んだ。1600年(慶長5)新居関所が設置されると、今切渡航は、関所改めの一翼を担い、東海道通行の旅人の完全な検閲に貢献した。現在、浜名バイパスが通じ、今切は浜名大橋によって結ばれている。[川崎文昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今切の関連情報