コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今別[町] いまべつ

百科事典マイペディアの解説

今別[町]【いまべつ】

青森県東津軽郡,津軽半島北部の町。津軽海峡に面する。農業では観賞菊づくりが盛ん。ホタテ養殖などの漁業,畜産業も行う。東日本大震災で,町内において被害が発生。海峡線が通じ津軽今別駅があったが,2016年3月の北海道新幹線開業に伴って改築が行われ〈奥津軽いまべつ駅〉となり,町内に新たな新幹線停車駅が誕生している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いまべつ【今別[町]】

青森県北西部,東津軽郡の町。人口4737(1995)。津軽半島北岸にあり,津軽海峡に面する。津軽山地が海岸に迫り,町域の85%を山林が占め,ヒバ林が多い。中心の今別は蟹田と並んで津軽藩のヒバ材積出港であり,奉行所がおかれた。今別川下流の沖積地には水田もあるが,気候はあまり適さず,近年は花卉栽培も行われる。丘陵を利用して畜産も盛んで,山崎には県営放牧場がある。今別,大泊,袰月(ほろづき)などの漁港があり,イカ,コンブ,ワカメなどの沿岸漁業が行われ,ウニの養殖も盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今別[町]の関連キーワード青森県東津軽郡

今別[町]の関連情報