コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙人峠 せんにんとうげ

5件 の用語解説(仙人峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙人峠
せんにんとうげ

岩手県南東部,遠野市と釜石市の境にある峠。標高 887m。交通の難所であったが,1959年峠の北側を国道 283号線の有料道路である仙人トンネルが通じ,遠野-釜石間は大幅に短縮された。現在仙人トンネルは無料開放。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

仙人峠【せんにんとうげ】

岩手県の釜石・遠野市境にある峠。標高887m。急坂のため古くから交通の難所として知られ,釜石線も約4km南を迂回(うかい)しているが,1959年仙人トンネル(2528m)を含む約10kmの有料道路が開通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんにんとうげ【仙人峠】

岩手県南東部,釜石市と遠野市の境界にある峠。標高887m。北山の内陸部と陸中海岸を結ぶ峠の一つで,柳田国男《遠野物語》にも,峠越えにまつわる奇談が紹介されている。釜石鉱山の開発に伴い,釜石側から大橋側まで釜石鉄道,遠野側からは足ヶ瀬まで軽便鉄道が通じたが,この間の仙人峠は急峻なため,自動車は通行できず荷物は峠越えの鉄索輸送に頼り,人は軽装で越えていた。1949年JR釜石線が開通,59年国道283号線の仙人トンネル(2510m)が開通し,現在はほとんど利用されない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕仙人峠(せんにんとうげ)


岩手県南東部、三陸(さんりく)海岸と遠野(とおの)盆地の分水界に位置する峠。かつては標高921mの山頂近くを尾根伝いに越えたが、1959年(昭和34)に北方約1kmに仙人トンネルが開通し、国道283号が釜石(かまいし)市と遠野市を結ぶ。JR釜石線は急坂を避け、南方約4kmを大きく迂回(うかい)する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙人峠
せんにんとうげ

岩手県南東部、釜石(かまいし)市と遠野(とおの)市の境界にある峠。標高887メートル。北上(きたかみ)高地の峠で、太平洋岸と内陸部を結ぶ交通路であった。難所であり、人は徒歩で越え、荷物は鉄索で運ばれた。自動車道は13キロメートル北方の笛吹(ふえふき)峠を越える県道を利用していたが、1959年(昭和34)峠の北方を国道283号の有料道路である仙人トンネル(2504メートル)が通じるようになり(現在は無料)、釜石―遠野間は大幅に短縮された。なお、2007年(平成19)に峠の南方の新仙人トンネルで気仙(けせん)郡住田町に抜ける国道283号のバイパスが開通し、さらに短縮された。峠付近は紅葉の名所。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仙人峠の関連情報