コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮性小児コレラ カセイショウニコレラ

4件 の用語解説(仮性小児コレラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かせい‐しょうにコレラ〔‐セウニ‐〕【仮性小児コレラ】

激しい嘔吐(おうと)と米のとぎ汁のような水様便を頻繁に繰り返す、離乳期の幼児にみられる病気。冬季に多く、ロタウイルスの感染によるもので、コレラとは関係ない。白色便性下痢症

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かせいしょうにコレラ【仮性小児コレラ】

晩秋から冬にかけて,主として離乳期前後(生後6ヵ月から1年半ころ)の乳児がかかる乳児下痢症のことで,コレラによる米のとぎ汁様便に似た白っぽい下痢便を出すのでこの名がある。冬季白色便下痢症,白痢などともよばれる。仮性小児コレラという病名は1910年に伊東祐彦がつけたもので,日本ではかなり古くから注目されていた病気である。日本中どこでも発生するが,その発症には気象,気温と相関があり,全国的にみると北から南へと発生が移っていくようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone