コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊川津貝塚 いかわづかいづか

2件 の用語解説(伊川津貝塚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いかわづかいづか【伊川津貝塚】

愛知県渥美郡渥美町大字伊川津字郷中にある縄文時代後・晩期の主鹹貝塚。東西約180m,南北約60mの半円形を呈する。渥美半島の南西部,福江湾に面する標高約2mの浜堤状のレキ堆上に位置し,同じレキ堆上の西約1kmには縄文時代中期の北屋敷貝塚がある。人骨の採集をおもな目的として,1903年以降8次にわたって発掘調査がおこなわれ,総計134体以上の人骨が出土した。頭頂部に石斧様のものによる打撃孔のある人骨や,尺骨に石鏃が射込まれた人骨など事故や抗争を示す資料のほか,食人の風習を思わせる切傷のある人骨が出土している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊川津貝塚
いかわづかいづか

愛知県田原(たはら)市伊川津町にある、縄文時代後期から晩期にかけての大規模な貝塚。三河湾に面した礫堆(れきたい)上に立地し、スガイ、アサリなどの多い主鹹(しゅかん)貝塚である。1922年(大正11)以来鈴木尚(ひさし)をはじめ多くの学者によってたびたび発掘され、100体以上もの人骨が出土し、日本人種論の発達に大きな役割を果たした。またこのなかには食人風習や、叉状研歯(さじょうけんし)を伴う多数の抜歯風習を示す人骨が多く、甕棺(かめかん)もみられ、縄文時代の習俗の研究にも重要な資料を提供した。土偶(どぐう)、耳飾、石刀、石棒、石冠、勾玉(まがたま)や各種の骨角器も出土している。[渡辺 誠]
『久永春男他編『伊川津貝塚』(1972・渥美町教育委員会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊川津貝塚の関連キーワード渥美半島渥美湾伊良湖岬杉浦明平三河湾川津電照菊渥美かをる渥美長六北山郁子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone