伊平屋伊是名諸島(読み)いへやいぜなしょとう

百科事典マイペディアの解説

沖縄島北方,沖縄諸島中にある。伊平屋島(20.66km2),伊是名島(14.12km2)と小島があり,沖縄県島尻郡伊平屋村(1388人,2010)と伊是名村(1589人,2010)を構成。古生層からなり周囲にサンゴ礁発達。《おもろそうし》に〈いゑや〉,《海東諸国紀》に恵平也山とある。水田畑地がよく開け,サトウキビも産する。我喜屋,仲田が主集落。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

沖縄県,沖縄島(本島)の北西に位置し,伊平屋島,伊是名島主体とし,野甫島具志川島など7個の島よりなる諸島。俗に〈伊平屋の七離れ〉と称し,また伊是名島を前地,伊平屋島を後地(くしち)とも呼んだ。琉球弧中帯に属し,古生層よりなるが,地形は変化に富む。伊平屋島は田名(だな)島とも呼ばれ,最大の島で,北東~南西に細長くのび,数峰の山岳が連亙(れんこう)し,南部には最高点の賀陽山(294m)がそびえ立つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖縄県沖縄本島の北西海上に位置する島嶼(とうしょ)。沖縄諸島の一つ。伊平屋島、伊是名島、野甫島(のほじま)(面積1.06平方キロメートル、2009年の住民登録人口117)の有人島のほかは、具志川島(0.47平方キロメートル)、屋那覇島(やなはじま)(0.74平方キロメートル)などの無人島からなる。諸島の大部分は古生層チャートなどからなる山地部で占められるが、一部は琉球(りゅうきゅう)石灰岩の台地や、沖積低地となる。山地は亜熱帯性の天然林で覆われ、豊かな自然が残されている。海岸はサンゴ礁で囲まれ、砂丘の発達も顕著である。[目崎茂和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android