コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海東諸国紀 かいとうしょこくき

2件 の用語解説(海東諸国紀の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいとうしょこくき【海東諸国紀】

朝鮮,李朝の申叔舟が成宗の命により1471年作成した書。活字,1巻本。日本・琉球の歴史・地理・風俗および西日本を中心とした使節派遣者の一覧を含む〈日本国紀〉〈琉球国紀〉と使節の通交規定を記した〈朝聘応接紀〉よりなる。図は10枚(9図)あり,74年に加えられた三浦(さんぽ)の図3枚はとくに史料的価値が高い。本書の作成された思想的基盤は朝鮮の華夷意識によるものと考えられるが,作成年代・典拠資料が明らかであり,当時施行されていた通交規定が載せられているなど史料としての信頼度は高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海東諸国紀
かいとうしょこくき

15世紀の朝鮮と日本の外交関係を記した書物。1巻。1471年(成宗2・文明3)成立。李氏(りし)朝鮮の成宗(せいそう)の命によって、領議政の要職にあった申叔舟(しんしゅくしゅう)が撰修(せんしゅう)した。海東諸国とは、日本の本州、九州、壱岐(いき)、対馬(つしま)、琉球(りゅうきゅう)の総称であり、それらの国々の国情や朝鮮との通交の歴史、そして、日本人応接の規定などを詳細に記してある。李氏朝鮮の対外関係の基本的文献として長い間重視、尊重された。なお、所載の琉球関係記事と琉球地図は、15世紀の琉球を知るうえで貴重な史料である。刊本には国書刊行会(1975)のものがある。[黒田日出男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の海東諸国紀の言及

【壱岐島】より

… のち島内には肥前の松浦党諸士がしだいに割拠するようになる。1471年朝鮮で成立した《海東諸国紀》には,当時の壱岐が〈7の郷,620町6段の水田,13の人居陸里,14の海浦がある。島の東西は半日ほど,南北は1日ほどの行程である。…

※「海東諸国紀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海東諸国紀の関連情報