伊藤忠商事(株)(読み)いとうちゅうしょうじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤忠商事(株)
いとうちゅうしょうじ

大手総合商社。1858年(安政5)近江(おうみ)出身の初代伊藤忠兵衛(1842―1903)によって創始。1872年(明治5)には呉服太物(ふともの)商「紅忠(べんちゅう)」として大阪に店を構え、84年伊藤本店と改称して羅紗(らしゃ)、ビロード類の直輸入を始め、93年には伊藤糸店を開いて綿花、綿糸布の対中国貿易に進出した。1914年(大正3)伊藤合名会社を設立。第一次世界大戦期には国内取引も著しく伸長したので、1918年営業部門を伊藤忠株式会社と株式会社伊藤商店(1921年丸紅(まるべに)と改称)に二分した。第二次世界大戦中、丸紅はじめ関係会社を合併、1941年(昭和16)に三興株式会社、44年に大建産業株式会社と社名変更。戦後、占領政策により同社は四分割され、1949年(昭和24)伊藤忠商事が再発足した。1960年代の高度経済成長期を通して非繊維部門の取扱いをしだいに拡充させ、総合商社へと成長を遂げた。1977年には安宅(あたか)産業を合併した。資本金2022億円(2008)、売上高12兆4125億円(2008。連結ベース)。[森 真澄]
『伊藤忠商事株式会社編・刊『伊藤忠商事100年』(1969)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android