コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達行朝 だて ゆきとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達行朝 だて-ゆきとも

1291-1348 南北朝時代の武将。
正応(しょうおう)4年生まれ。陸奥(むつ)伊達郡(福島県)の地頭建武(けんむ)の新政では北畠顕家(あきいえ)のもとで奥州式評定衆をつとめる。南北朝の争乱では顕家の2度にわたる征西戦にしたがい,畿内各地を転戦。顕家の死後も常陸(ひたち)(茨城県)伊佐城や本拠地の霊山(りょうぜん)城で南朝方としてたたかったが,のち北朝方に帰順貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年5月9日死去。58歳。名はのち行宗。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊達行朝

没年:正平3/貞和4.5.9(1348.6.6)
生年:正応4(1291)
南北朝時代の武将。基宗の子。初名行朝のち行宗。左近将監,宮内大輔。奥州伊達郡の地頭で,伊達氏惣領。建武新政府方につき,陸奥守北畠顕家 を中心とする陸奥将軍府の中の式評定衆の一員。津軽,糠部地方に蜂起した北条与党の鎮圧に出陣。建武2(1335)年顕家の遠征に従って上洛し,延元1/建武3(1336)年足利尊氏を九州に敗走させ帰国。延元2年義良親王(後村上天皇),顕家らを霊山に迎え,さらに顕家に従って再度西征。同3年北畠親房らと陸奥を目ざして伊勢大湊を出帆したが,常陸に漂着。伊達氏本貫の地伊佐城によって南党として活躍。興国4/康永2(1343)年落城とともに帰国し,田村宗季と共に南党として転戦。正平2/貞和3(1347)年の霊山落城のころ足利方に服属。

(伊藤清郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だてゆきとも【伊達行朝】

1291‐1348(正応4‐正平3∥貞和4)
南北朝時代の武将。陸奥国伊達郡地頭。宮内大輔。1334年(建武1)建武新政権の奥州式評定衆に列し,35年から翌年にかけて陸奥守兼鎮守府将軍北畠顕家に従って西上,足利尊氏を九州に走らせた。37年(延元2∥建武4)義良親王(のちの後村上天皇),顕家らを伊達郡霊山(りようぜん)に迎え,8月これに従い西上し畿内に転戦した。38年(延元3∥暦応1)以後は北畠親房とともに常陸において戦ったが,40年(興国1∥暦応3)陸奥に帰り,47年ころ北党に転じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊達行朝
だてゆきとも
(1291―1348)

南北朝時代の奥羽の武将。後年、行宗(ゆきむね)と改称。元弘(げんこう)の変(1331)に北条高時(ほうじょうたかとき)の命で西上。建武(けんむ)政権下における陸奥国府(むつこくふ)の式評定衆(しきひょうじょうしゅう)、引付(ひきつけ)。足利尊氏(あしかがたかうじ)が反旗を翻したのち、1335年(建武2)12月北畠顕家(きたばたけあきいえ)とともに上洛(じょうらく)し、尊氏を九州に追う。こののち南朝側の武将として活躍。顕家の戦死後、一時吉野に移り、さらに常陸(ひたち)の北畠親房(ちかふさ)のもとに至る。40年(興国1・暦応3)ごろ奥州に戻り奥羽各地を転戦。その後南朝側不利となり、貞和(じょうわ)4年58歳で死去した。[伊藤喜良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伊達行朝の関連キーワード伊達政宗(1)霊山城小田城

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android