コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会下山遺跡 えげのやまいせき

4件 の用語解説(会下山遺跡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

会下山遺跡【えげのやまいせき】

兵庫県芦屋市にある弥生時代中期・後期の遺跡。大阪湾と平野を一望できる,標高200mの狭い尾根上に立地する。尾根上にならぶ住居跡からは,磨製石鏃や鉄鏃・鉄斧などが出土し,高地性集落として注目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えげのやまいせき【会下山遺跡】

兵庫県芦屋市三条町の市立山手中学校の裏山にある弥生時代中~後期の高地性集落。六甲山系の南面する傾斜地にある標高200mの会下山山頂部から160mに至る尾根筋に,住居跡,祭祀場,倉庫跡,土壙墓,焼土壙,柵跡などが点在していることが,1956年以降の発掘調査明らかとなった。竪穴住居跡は円形または隅丸方形で,7ヵ所あり,重複したものも計算に入れると16戸ある。戸外の数ヵ所にある焼土壙は,長径4mほどの楕円形をしており,のろし台とする推測もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

えげのやまいせき【会下山遺跡】


兵庫県芦屋市三条町にある弥生時代の集落跡。六甲山系南部の標高201mの前山尾根を中心に位置する、弥生時代中期から後期にかけての集落跡である。1954年(昭和29)、弥生土器の発見を契機に遺跡の存在が知られ、発掘調査が実施された結果、祭祀関係遺物をともなう竪穴(たてあな)建物1棟、大型の竪穴建物1棟を含む合計8棟の竪穴建物跡が見つかった。このほか焼土坑、土坑墓、柵列なども確認され、一時期に数棟からなる集落と考えられた。弥生時代中期中葉から後期中葉にかけての壺や甕(かめ)などの土器には、近江、東摂津、河内、播磨、讃岐などからの搬入土器も認められた。石器のほか鉄鏃(てつぞく)、鋳造鉄斧(てっぷ)などの鉄製品、さらに日本列島では珍しい漢式(かんしき)三翼鏃(さんよくぞく)も出土した。会下山遺跡は弥生時代の高地性集落であり、近年の調査によると山頂部にとどまらず丘陵斜面にもおよぶと考えられ、土器は広範囲地域集団との交流を示し、金属器の流通における一定の役割を予測させるものである。弥生時代の社会を知るうえでも重要な遺跡であり、2011年(平成23)に国の史跡に指定された。阪急電鉄神戸本線芦屋川駅から徒歩約20分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会下山遺跡
えげやまいせき

兵庫県芦屋(あしや)市三条町、表六甲(おもてろっこう)山系の南面する一支脈上にある弥生(やよい)時代中期から後期の高地性集落遺跡。眼下には大阪湾を望み、東西の眺望にも優れた立地条件をもつ。1956年(昭和31)以降5次の発掘調査により、標高199メートルから170メートルの間の尾根上に円形竪穴(たてあな)住居、祭祀(さいし)場とされる遺構、焼土壙(どこう)、柵(さく)跡、土壙墓などが検出され、集落としての構成要素を備えていることが判明した。出土遺物には土器、石器、ガラス玉、鉄器、三翼鏃(ぞく)などがある。水稲農耕を基盤とするこの時代の集落立地からみればきわめて不適で、特異な地点に位置していることなどから「倭国(わこく)大乱」(188)にかかわる軍事的な性格をもつ高地性集落と考えられている。県指定史跡。[福井英治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会下山遺跡の関連キーワード兵庫県芦屋市伊勢町兵庫県芦屋市奥山兵庫県芦屋市春日町兵庫県芦屋市三条町兵庫県芦屋市三条南町兵庫県芦屋市城山兵庫県芦屋市西山町兵庫県芦屋市東芦屋町兵庫県芦屋市山芦屋町兵庫県芦屋市山手町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

会下山遺跡の関連情報