高地性集落(読み)こうちせいしゅうらく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高地性集落
こうちせいしゅうらく

弥生時代の集落形態の一つで,比高の高い台地や山頂に防衛的あるいは畑作農耕を営む目的で形成されたもの。特に中期後半頃から大阪湾に面した高地瀬戸内海沿岸の地では,高台に空濠や土塁をめぐらし,その内側に住居を構えた例がある。遺跡からは日常の雑器をはじめ石鏃鉄鏃などの武器が少数出土する場合もある。遺跡の立地や構造からして,一時的に低地から離れて生活した短期間集落と考えられる。集落間の戦乱に際してつくられたものとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

高地性集落【こうちせいしゅうらく】

弥生時代中期〜後期,西日本に多い集落の一つ。海や平野を眺望できる山頂や丘陵の尾根上につくられ,火を焚いた跡や,石鏃が多量に出土する。弥生時代の緊張した社会状況のなかから出現した,戦闘に備えた防砦・烽台の機能をもった遺跡と考えられる。代表的な遺跡に,香川県紫雲出山(しうでやま)遺跡,兵庫県会下山(えげのやま)遺跡,佐賀県湊中野遺跡などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

高地性集落

 弥生時代のながめのよい高台に作られた集落です。役割についてはいろいろな説がありますが、見張り台やのろし台、逃げ城といった役割が考えられます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

こうちせいしゅうらく【高地性集落】

弥生時代中期の瀬戸内海・大阪湾沿岸の丘陵・山頂につくられた集落。兵庫県芦屋市会下山遺跡・香川県三豊みとよ市詫間たくま町紫雲出遺跡では、石槍・石鏃が多く、軍事的緊張に対応した防御集落と考えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高地性集落
こうちせいしゅうらく

稲作と低地居住が時代の趨勢(すうせい)になっていた原史時代に、水田経営と日常の居住条件を犠牲にし、斜面の急な比高の高い所に営まれた異常ともみられる弥生(やよい)系統の集落遺跡を「広義の高地性集落」とよんでいる。「狭義の高地性集落」は、展望がきく山頂や尾根筋とか、斜面の急峻(きゅうしゅん)な高い台地に立地し、武器的遺物や防備施設の遺構など、軍事的防衛機能をもつとみられる集落遺跡で、一般に「高地性集落」とよぶときは狭義の高地性集落をさし、集落成立の主体的機能と、その後に生じた派生的副次機能をもつものとがある。いま一つの特色は、高地への出現と消滅という垂直的遷移現象が特定の時期と地域に現れることがある。それらの分布は本州、四国、九州にみられるが、大部分は北部九州と畿内(きない)を結ぶ瀬戸内と四国に集中している。原因は、潜在的な自然環境の変化のほか、稲作前線の拡張や政治を背景とする軍事的緊張と緩和が作用していると考えられている。[小野忠

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高地性集落の言及

【弥生文化】より

…時を等しくして,この地帯では水田経営には不向きな比高200~300mの高い丘上に集落が営まれるようになる。石鏃を代表とする石製武器の発達と〈高地性集落〉の発達とは,地域社会が対決・連合しながらまとまっていく過程で繰り広げられた戦いを,如実に示している。なお畿内周辺では,〈高地性集落〉はV期に入ってもあらためて発達しており,軍事的緊張が何度か繰り返されたことがわかる。…

※「高地性集落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android