伝神(読み)でんしん(英語表記)chuán shén

世界大百科事典 第2版の解説

でんしん【伝神 chuán shén】

中国絵画における肖像画の本質をいう用語。東晋の顧愷之(こがいし)の〈論画〉にみられ,人物画の模写を論じて,形をもって神を写すとき,実対すなわち実際にその人物と向きあっているという感じを失うと生をとらえることができず,伝神もうまくゆかぬ,実対し通神することが人物画の要諦だという。伝神とは写実によってその人物の形姿のみならず精神までもとらえることである。《歴代名画記》は,〈伝神写照はまさに阿堵(あと)(そのところ,つまり瞳)の中に在り,伝神を実現するには眼の表現が一番大切だ〉という愷之のことばを載せている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でん‐しん【伝神】

〘名〙 人物を文章や絵で描写して、その人の神髄・精神を世に伝えること。また、そのもの。〔いろは字(1559)〕
※随筆・孔雀楼筆記(1768)一「勿論一代の名臣の像もあり、何れも伝神にてはなし」 〔晉書‐顧愷之伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の伝神の言及

【写真】より

…それが真という文字にあらわれているのである。肖像画をさす言葉としてほかに,伝真,伝神,写照,写貌などがあり,伝真,伝神には写真と同じ,精神性を表現しようとする傾向が読みとれる。【戸田 禎佑】。…

※「伝神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝神の関連情報