コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉行宮 すみよしあんぐう

3件 の用語解説(住吉行宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住吉行宮
すみよしあんぐう

南北朝時代,後村上天皇行在所 (あんざいしょ) となった摂津住吉神社。正平7=観応3 (1352) 年2月 28日から閏2月 15日までと,正平 15=延文5 (60) 年9月から正平 23=応安1 (68) 年3月 11日までの間の行宮。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すみよしのあんぐう【住吉行宮】

南北朝時代,南朝の後村上,長慶両天皇の行宮。正平一統(しようへいいつとう)のあと,後村上天皇は1352年(正平7∥文和1)2月26日賀名生(あのう)を出発,河内東条を経て2月28日摂津住吉に到着,住吉大社の神主津守(つもり)国夏の住江(すみのえ)殿を行宮と定め,半月ほど滞在した。このあと天皇は八幡(やわた)(山城男山(おとこやま)行宮)まで進出したが,5月敗退して賀名生に帰った。その後も幕府の内訌はつづき,この情勢を前に後村上天皇は54年河内金剛寺,ついで観心寺に移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住吉行宮
すみよしのあんぐう

南北朝時代、南朝の後村上天皇・長慶天皇(ちょうけいてんのう)の行宮(仮の御所)。行宮に用いられた建物は「正印殿」と称し、一名「住之江殿(すみのえどの)」とも呼ばれ、大阪市住吉区住吉2丁目の現住吉大社境内地に住吉行宮跡という遺跡があり、国の史跡に指定されている。室町幕府の内部紛争である観応の擾乱(かんのうのじょうらん)により、足利尊氏が1351年(観応2・正平6)10月南朝に降伏して、一時的な南北朝合体(正平一統(しょうへいいっとう))が成立すると、後村上天皇は翌年2月賀名生(あのう)を出て南朝方の住吉社神主津守国夏(つもりくにか)の館を行宮とした。津守国夏は南朝から正三位に叙せられている。閏2月に後村上天皇は山城の八幡(やわた)に進んで京都を攻撃し、南朝軍は京都を武力占拠したが、3月尊氏・義詮(よしあきら)親子に京都を奪還され、5月に後村上天皇は八幡から賀名生に帰った。その後、南朝の内部分裂により、後村上天皇は1360年(延文5・正平15)9月住吉行宮に移り、10月住吉社に堺荘を安堵している。後村上天皇は1368年(応安1・正平23)3月ここで没した。ついで長慶天皇も当初ここを行宮としたが、12月には住吉行宮から吉野に還幸した。[小西瑞恵]
『大阪市史編纂所他編『新修大阪市史 史料編3』(2009)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住吉行宮の関連キーワード永和延元嘉喜門院康永興国阿佐殿九条朝光惟成親王泰成親王後南朝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone