コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉行宮 すみよしあんぐう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住吉行宮
すみよしあんぐう

南北朝時代,後村上天皇行在所 (あんざいしょ) となった摂津住吉神社。正平7=観応3 (1352) 年2月 28日から閏2月 15日までと,正平 15=延文5 (60) 年9月から正平 23=応安1 (68) 年3月 11日までの間の行宮。この地で崩御。また長慶天皇も正平 24=応安2 (69) 年春までこの行宮に滞在した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すみよしのあんぐう【住吉行宮】

南北朝時代,南朝の後村上,長慶両天皇の行宮。正平一統(しようへいいつとう)のあと,後村上天皇は1352年(正平7∥文和1)2月26日賀名生(あのう)を出発,河内東条を経て2月28日摂津住吉に到着,住吉大社の神主津守(つもり)国夏の住江(すみのえ)殿を行宮と定め,半月ほど滞在した。このあと天皇は八幡(やわた)(山城男山(おとこやま)行宮)まで進出したが,5月敗退して賀名生に帰った。その後も幕府の内訌はつづき,この情勢を前に後村上天皇は54年河内金剛寺,ついで観心寺に移った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住吉行宮
すみよしのあんぐう

南北朝時代、南朝の後村上天皇・長慶天皇(ちょうけいてんのう)の行宮(仮の御所)。行宮に用いられた建物は「正印殿」と称し、一名「住之江殿(すみのえどの)」とも呼ばれ、大阪市住吉区住吉2丁目の現住吉大社境内地に住吉行宮跡という遺跡があり、国の史跡に指定されている。室町幕府の内部紛争である観応の擾乱(かんのうのじょうらん)により、足利尊氏が1351年(観応2・正平6)10月南朝に降伏して、一時的な南北朝合体(正平一統(しょうへいいっとう))が成立すると、後村上天皇は翌年2月賀名生(あのう)を出て南朝方の住吉社神主津守国夏(つもりくにか)の館を行宮とした。津守国夏は南朝から正三位に叙せられている。閏2月に後村上天皇は山城の八幡(やわた)に進んで京都を攻撃し、南朝軍は京都を武力占拠したが、3月尊氏・義詮(よしあきら)親子に京都を奪還され、5月に後村上天皇は八幡から賀名生に帰った。その後、南朝の内部分裂により、後村上天皇は1360年(延文5・正平15)9月住吉行宮に移り、10月住吉社に堺荘を安堵している。後村上天皇は1368年(応安1・正平23)3月ここで没した。ついで長慶天皇も当初ここを行宮としたが、12月には住吉行宮から吉野に還幸した。[小西瑞恵]
『大阪市史編纂所他編『新修大阪市史 史料編3』(2009)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

住吉行宮の関連キーワード大阪府大阪市住吉区墨江南北朝時代住吉区

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android