コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡路 さどじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐渡路
さどじ

中央より佐渡に通じる陸海路。古代の駅路は北陸道で小路。海路は越前敦賀津より渡船し,越中亘理湊 (わたりみなと) を経て佐渡にいたる。近世には脇街道として,中山道より分岐する北国,三国の両街道,日光・奥州道中より分岐する会津街道などがあった。 (→北国街道 , 三国街道 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

佐渡路【さどじ】

江戸時代,江戸と佐渡を結んだ街道。幕府直轄の佐渡金山からの金銀輸送路として重視された。中山道(なかせんどう)追分(おいわけ)宿から分かれて出雲崎(いずもざき)に出る北国(ほっこく)街道,中仙道高崎宿から分かれて寺宿(てらどまり)に出る三国(みくに)街道,奥州道中白河で分かれて新潟に出る会津街道の3道があって,出雲崎・寺泊・新潟が渡海場であった。
→関連項目脇街道

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さどじ【佐渡路】

江戸と佐渡を結ぶ,江戸時代の主要脇街道の一つ。幕府は佐渡金山を重視し,ここを直轄地として佐渡奉行を置き開発を進めた。その産出量はとくに江戸初期に多く,幕府の重要な財源であったので,大量の金銀輸送,幕府役人等の通行のため重視される街道となった。佐渡路には中山道追分宿から分かれて出雲崎(いずもざき)に出る北国街道,中山道高崎宿から分かれて寺泊(てらどまり)に出る三国街道,奥州道中白河宿で分かれて新潟に出る会津街道の3道があって,出雲崎,寺泊,新潟が渡海場に当てられていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

佐渡路の関連キーワード脇往還