何時しか(読み)イツシカ

デジタル大辞泉の解説

いつ‐し‐か【何時しか】

《代名詞「いつ」に、強めの副助詞「し」、疑問の係助詞「か」の付いたものから》
[副]
いつのまにか。早くも。「何時しか今年も暮れてしまった」
過去・未来の不定の時を表す。どの時かに。
「よし小説を読まざるとも―其(その)念起りつべし」〈逍遥小説神髄
早くその時が来るようにと、事の実現を待ち望むさま。いつか早く。
「―御崎といふ所わたらむとのみなむ思ふ」〈土佐
(あとに打消しの語を伴って用いる)いつになっても。
「―話になるためしはござりませぬよって」〈咄・臍の宿替・一〇〉
[形動ナリ]時期が、いかにも早すぎるさま。
「今度の譲位―なり」〈平家・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いつしか【何時しか】

( 副 )
〔「いつか」を強めていった語。「し」は強めの助詞〕
時間の経過に伴う変化に気づかないうちに。いつの間にか。 「夏も終わり-秋になった」
いつになったら、と待ち望むさま。早く来るとよいなあという気持ちを表す。 「けふよりは今こむ年の昨日をぞ-とのみまちわたるべき/古今 秋上
( 形動ナリ )
早すぎるさま。 「あはれ、-なる譲位かな/平家 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何時しかの関連情報