コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何紹基

4件 の用語解説(何紹基の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

何紹基

清代後期の書家。湖南省道州の人。字は子貞、号は東洲居士・蝠叟。幼時より経史小学に精通し、書を能くする。阮元に師事し、北碑、篆隷、金文を学ぶ。また顔法を根底において、各体を渾成した懸臂廻腕という独自の行草体を創りだした。鑑識にもすぐれる。著書に『東洲草堂文鈔』『東洲草堂詩鈔』等。同治12年(1873)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かしょうき【何紹基 Hé Shào jī】

1799‐1873
中国,清代後期の書家。湖南省道州の人。字は子貞,号は東洲,猨叟。父は戸部尚書,何淩漢。兄弟4人とも能書で,何氏四傑と称された。道光16年(1836)の進士。国史館纂修となり,福建省郷試の正考官,四川学政となったが,のち官界を去った。書は初め唐の顔真卿を学んだが,北碑の首唱者包世臣と交わり,また阮元(げんげん)の弟子となり,北碑や漢碑に傾倒してついに一家を成した。道光期における北派の第一人者と言える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

何紹基
かしょうき
He Shao-ji

[生]嘉慶4(1799)
[没]同治12(1873)
中国,清の書家,詩人。道州 (湖南省) の人。字は子貞,号は東洲居士,えん叟。書家,何凌漢の長子。翰林院編修となり説文,金石学に造詣が深かった。書は初め唐の顔真卿を学び,のちに包世臣,阮元 (げんげん) から碑学を修め,漢碑,北碑を研究して新様式を完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

何紹基
かしょうき
(1799―1873)

中国、清(しん)代後期の書家。湖南道州の人。字(あざな)は子貞。号は東洲、(えんそう)。戸部尚書(こぶしょうしょ)、何(かりょうかん)の長子で、兄弟4人とも書をよくしたので「何氏四傑」と称された。1837年(道光16)の進士。庶吉士を経て編修となり、福建(ふっけん)省郷試の正考官、四川(しせん)学政となったが、のち官界を去った。彼は『小学』に精通し、金石学を好み、詩人としても名高く、蘭竹(らんちく)、山水を描いたが、書においては道光期における北派の第一人者ということができる。すなわち、初めは顔真卿(がんしんけい)を学んだが、のちに北碑(ほくひ)の首唱者包世臣(ほうせいしん)と交わり、また阮元(げんげん)の弟子となり、北碑や漢碑に傾倒して独自の書境を開いた。戦筆(ふるえる筆)を駆使した隷書、行書は高く評価され、著書に『東洲草堂文鈔(しょう)』『惜道味斎経説(せきどうみさいきょうせつ)』などがある。[角井 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

何紹基の関連キーワード秦星池章美葉東谷佐野東洲中川南山秦星塢平井雅斎平林東谷巻鴎洲松本董斎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone