コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作物作付制限令 さくもつさくづけせいげんれい

2件 の用語解説(作物作付制限令の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作物作付制限令
さくもつさくづけせいげんれい

江戸時代,幕府や諸藩が作物の品種により作付けを制限,禁止した法令。「田畑勝手作禁止令」ともいう。幕府法令として最も早い時期のものはタバコ (煙草) 作の禁止で,元和2 (1616) 年を初見とし,寛永 20 (43) 年3月には,本田新田ともにタバコ栽培を禁止している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

作物作付制限令
さくもつさくつけせいげんれい

田畑につくる作物の種類を制限する法令。江戸時代では幕府の出した煙草(たばこ)の作付制限がよく知られている。幕府は初め1612年(慶長17)8月、喫煙の禁止とともに煙草の作付けを禁じたが、喫煙の風習が広まり、とうていこれを禁ずることができない状態をみるに至って、穀作奨励と表裏をなして煙草の作付けを制限するようになった。42年(寛永19)5月には、幕府領・私領ともに本田畑に煙草をつくることを禁じたが、同年8月に出された法令では、翌年より本田に煙草をつくらないこととし、もしつくる者があれば新田を開いてつくることとしている。しかし43年3月には、本田畑・新田畑とも煙草作を禁じている。さらにこの年8月、新地を開いての煙草作は、これを許している。なおこのとき、田での木綿作と、田・畑における油用の菜種(なたね)の作付けを禁じている。こうした一連の作物作付制限令は、41年、42年と続いた大飢饉(ききん)の対策として、食料を確保するためのものであったようである。以後、煙草は原則として本田につくることが禁じられた。その後1702年(元禄15)12月、本田畑でも半分はつくってよいと、煙草の作付制限が緩和されている。諸藩の例では、岡山藩が木綿・藺(い)を一定の統制のもとに栽培を認めていたように、一般に穀物以外の作物は制限する方針がとられた。しかし商品経済が進むにつれ、特産物の生産が奨励され、作物作付制限令は形式的に残存する傾きとなったが、1871年(明治4)9月、明治政府は「田畑勝手作」を許して、この制限は全面的に撤廃された。[伊藤好一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作物作付制限令の関連キーワード非人小屋買上米改良種棄捐御用船定書薬園純系分離稟米生食用品種

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone