コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保高徳蔵 やすたか とくぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保高徳蔵 やすたか-とくぞう

1889-1971 大正-昭和時代の小説家。
明治22年12月7日生まれ。保高みさ子の夫。「読売新聞」記者,博文館編集者をつとめ,昭和3年「泥濘(でいねい)」が「改造」の懸賞小説に当選したのを機に作家生活にはいる。8年から同人誌「文芸首都」を主宰,芝木好子,北杜夫(もりお),中上健次らおおくの作家をそだてた。昭和46年6月28日死去。81歳。大阪出身。早大卒。作品に「棄(す)てられたお豊(とよ)」「孤独結婚」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の保高徳蔵の言及

【同人雑誌】より

…文芸,社会思想がたがいに競い合った明治末年ごろから青年グループによる雑誌の刊行がさかんとなり,昭和初年には〈同人雑誌の全盛期〉(高見順)となった。第2次大戦の衰微期をはさんで保高(やすたか)徳蔵・みさ子がつづけた《文芸首都》(1933‐69)は長期にわたる新人発掘の努力で名高い。なお,英米でリトル・マガジンと呼ばれる文芸雑誌の伝統は,非営利という特徴で同人雑誌と共通しているが,既成の作家や評論家の芸術主張を主にしていて,若手の習作などの場ではない。…

※「保高徳蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

保高徳蔵の関連キーワード中上 健次板東 三百立石 美和

保高徳蔵の関連情報