コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

催促状 サイソクジョウ

3件 の用語解説(催促状の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいそく‐じょう〔‐ジヤウ〕【催促状】

催促するために出す書状。
鎌倉・室町時代、主君から部下に、軍勢・公役(くやく)を催促した文書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さいそくじょう【催促状】

催促のために出す書面。
武家で、将軍・大名が、諸侯・部下に、軍勢・公役に関して至急遂行すべきことを催促する文書。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

催促状
さいそくじょう

中世の文書形式の一種で、一般に、ある事柄を催促する内容をもつ。
(1)訴訟文書の一種。鎌倉期の訴訟において、問状(といじょう)を受け取った論人(ろんにん)(被告)が陳状や請文(うけぶみ)を提出しない場合、訴人は幕府にこれらの速やかな提出を求めることができた。これを受けて幕府が論人に陳状などの提出を促した文書が催促状である。
(2)鎌倉・室町期の軍勢催促状の略称。武将が軍勢の出陣を命令するために出したもので、異国警固番役(いこくけいごばんやく)の催促状などもその一種である。この場合、切紙(きりがみ)を用いることが多かった。[大久保俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

催促状の関連キーワード居催促促す函丈催促がましい贖金内書挟み状返す書催促振舞差出す

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

催促状の関連情報