元和偃武(読み)げんなえんぶ

  • げんなえんぶ ゲンワ‥
  • げんなえんぶ〔ゲンワ〕
  • 元和×偃武

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元和1 (1615) 年,大坂の陣が終り豊臣氏の滅亡後平和な時になったこと。そのときの年号をとって元和偃武とした。偃とは,武器を伏せて用いないこと。しかし元和以降幕末までまったく紛争がなかったわけではなく,寛永 14 (37) 年の島原の乱や,慶安4 (51) 年の由井正雪の乱 (→慶安事件 ) などいろいろな政情不安はあったが,幕藩体制そのものをゆるがすような大規模な反乱はみられなかった。その点で元和偃武は歴史的意義をもつといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

偃武は武器をおさめる意で,戦乱が終わり平和になることをいう。元和1年(1615年)の大坂夏のを最後に,長い戦乱がようやく終結したこと。
→関連項目慶安事件

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偃武とは武器を伏せ納めて用いないことで、戦乱が収まり天下が泰平になること。1615年(慶長20)5月、大坂夏の陣で豊臣(とよとみ)氏が滅び、7月13日、元和と改元された。以後、島原(しまばら)の乱のような波瀾(はらん)もあったが、幕府の存立を脅かすほどのものではなく、長く泰平の世が続いたので、ときの年号を冠して「元和偃武」といった。

[岡本良一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「元和」という元号に、武器をふせて用いない意の「偃武」という熟語(「書経‐武成」の「偃武修文」)を付加したもの) 「元和」は後水尾天皇の代の年号(一六一五‐二四)で、大坂夏の陣の後、世の中が太平になったことをいう。江戸幕府初政を称讚するのに利用されたことば。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸初期,大坂夏の陣が終わったのち,世の中が平和になったこと
偃武とは武をやめる意。1615年大坂夏の陣で豊臣氏が滅亡し,元和と改元されてから戦乱もなく,以後江戸末期まで約250年の太平の世が開かれた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の元和偃武の言及

【大坂の陣】より

…以後,徳川氏の政権は250年余にわたって安定し,大名の間の戦争が絶えた。このことを後年〈元和偃武(げんなえんぶ)〉という。【高木 昭作】。…

※「元和偃武」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android