コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光イオン化 ひかりイオンかphotoionization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光イオン化
ひかりイオンか
photoionization

原子が光を吸収して自由電子を放出し,自身はイオンになる現象。光電効果の1種であるが,固体表面などではなく,気体中のように独立した原子に対して起る場合をさす。光のエネルギーは原子のイオン化エネルギーより大きくなければならず,このことからイオン化エネルギーの正確な値がわかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひかり‐イオンか〔‐クワ〕【光イオン化】

光電離

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の光イオン化の言及

【光電効果】より

…光照射により放出される自由電子のことを光電子photoelectronという。光電効果には,固体表面から光電子が放出される外部光電効果や,原子などから光電子が放出され,イオン化する光イオン化などがある。また光照射により絶縁体や半導体中の伝導電子が増加し電気伝導度が増加する内部光電効果(光伝導ともいう),ならびに光照射により起電力を生ずる光起電力効果も光電効果の一種である。…

※「光イオン化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

光イオン化の関連キーワード光化学反応閾値規則質量分析