コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉花外 こだま かがい

8件 の用語解説(児玉花外の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

児玉花外

詩人。山口県生。『早稲田文学』『小天地』『明星』『新小説』などに詩を発表した。昭和18年(1943)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こだま‐かがい〔‐クワグワイ〕【児玉花外】

[1874~1943]詩人。京都の生まれ。本名、伝八。明治36年(1903)「社会主義詩集」を発表したが、発売禁止となった。社会主義新体詩の先駆者。他に詩集「ゆく雲」「花外詩集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

児玉花外【こだまかがい】

詩人。本名伝八。山口県生れ。東京専門学校中退。《早稲田文学》《東京独立雑誌》等に寄稿。詩作の一方,片山潜らの影響により社会主義に関心をもち,1903年出した《社会主義詩集》は詩集では日本で最初の発禁処分を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉花外 こだま-かがい

1874-1943 明治-昭和時代前期の詩人。
明治7年7月7日生まれ。バイロンの影響で新体詩をつくる。片山潜(せん)らと交遊し,明治36年製本中の「社会主義詩集」が,詩集でははじめて発禁処分をうけた。明大校歌の作詞者として知られる。昭和18年9月20日死去。70歳。山口県出身。東京専門学校(現早大)中退。本名は伝八。詩集に「ゆく雲」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

児玉花外

没年:昭和18.9.20(1943)
生年:明治7.7.7(1874)
明治から昭和の社会主義詩人。医師精斎,絹江の長男,京都生まれ。本名,伝八。同志社,仙台東華学校,札幌農学校,東京専門学校(早大)を,いずれも中退。バイロンに傾倒,詩作を始め,やがて片山潜らの社会主義運動に共鳴する。内村鑑三主宰の『東京独立雑誌』などに詩を寄稿。明治36(1903)年,それまでの作品を集め,『社会主義詩集』として出版しようとしたが,印刷直後,整版,版本一切を押収され,幻の詩集となった。花外の本領は「悲憤慷慨」の発想といわれるほどに時代に厳しかったが,それは多分に抽象的で,のちにプロレタリア文学が勃興した時代になっても,自らは社会主義の実践に参画せず,後進の詩人の指導に当たり著述家に徹した。著書に『花外詩集』(1904),『ゆく雲』(1906)などがある。<参考文献>河井酔茗『明治代表詩人

(及川茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こだまかがい【児玉花外】

1874‐1943(明治7‐昭和18)
詩人。山口県の生れ。本名伝八。東京専門学校その他を中退。1894年ごろから詩作を始め,片山潜らの影響によって社会主義に関心を持つようになり,労働者に心を寄せた詩を《東京独立雑誌》《早稲田文学》などに発表した。1903年に刊行を予定していた詩集《社会主義詩集》は近代詩集では最初の発禁処分を受けたが,《花外詩集》(1904),《ゆく雲》(1906)に社会主義的な詩その他を収め,民衆詩人の先駆者的な姿を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こだまかがい【児玉花外】

1874~1943) 詩人。京都生まれ。本名、伝八。東京専門学校中退。キリスト教社会主義の立場から、「社会主義詩集」を発表、発売禁止となる。他に「花外詩集」「ゆく雲」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児玉花外
こだまかがい

[生]1874.7.7. 京都
[没]1943.9.20. 東京
詩人。本名,伝八。バイロンに傾倒して詩作を始め,『社会主義詩集』 (1903) が発禁処分になったが,これを慰問激励した岩野泡鳴ら 59人の詩文を『花外詩集』 (04) に掲載,反骨を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の児玉花外の言及

【火鞭】より

…1905年(明治38)9月~06年5月まで9号発行され,《ヒラメキ》に合併。火鞭会発起人の児玉花外,小野有香,山田滴海,山口孤剣,中里介山,原霞外,白柳秀湖のほか,内田魯庵,木下尚江,徳田秋声などが執筆している。文学作品としては,かならずしも質の高いものばかりとはいえないが,〈批評を以て創作の隷属となすを弾劾し〉として批評のもつ意味を高めた。…

※「児玉花外」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

児玉花外の関連キーワード科学的社会主義社会主義社会主義神髄社会主義革命社会主義研究会フェビアン社会主義小塚空谷藤田勇《空想より科学への社会主義の発展》《社会主義詩集》

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone