コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉花外 こだま かがい

美術人名辞典の解説

児玉花外

詩人。山口県生。『早稲田文学』『小天地』『明星』『新小説』などに詩を発表した。昭和18年(1943)歿、69才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

児玉花外【こだまかがい】

詩人。本名伝八。山口県生れ。東京専門学校中退。《早稲田文学》《東京独立雑誌》等に寄稿。詩作の一方,片山潜らの影響により社会主義に関心をもち,1903年出した《社会主義詩集》は詩集では日本で最初の発禁処分を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉花外 こだま-かがい

1874-1943 明治-昭和時代前期の詩人。
明治7年7月7日生まれ。バイロンの影響で新体詩をつくる。片山潜(せん)らと交遊し,明治36年製本中の「社会主義詩集」が,詩集でははじめて発禁処分をうけた。明大校歌の作詞者として知られる。昭和18年9月20日死去。70歳。山口県出身。東京専門学校(現早大)中退。本名は伝八。詩集に「ゆく雲」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

児玉花外

没年:昭和18.9.20(1943)
生年:明治7.7.7(1874)
明治から昭和の社会主義詩人。医師精斎,絹江の長男,京都生まれ。本名,伝八。同志社,仙台東華学校,札幌農学校,東京専門学校(早大)を,いずれも中退。バイロンに傾倒,詩作を始め,やがて片山潜らの社会主義運動に共鳴する。内村鑑三主宰の『東京独立雑誌』などに詩を寄稿。明治36(1903)年,それまでの作品を集め,『社会主義詩集』として出版しようとしたが,印刷直後,整版,版本一切を押収され,幻の詩集となった。花外の本領は「悲憤慷慨」の発想といわれるほどに時代に厳しかったが,それは多分に抽象的で,のちにプロレタリア文学が勃興した時代になっても,自らは社会主義の実践に参画せず,後進の詩人の指導に当たり著述家に徹した。著書に『花外詩集』(1904),『ゆく雲』(1906)などがある。<参考文献>河井酔茗『明治代表詩人

(及川茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こだまかがい【児玉花外】

1874‐1943(明治7‐昭和18)
詩人。山口県の生れ。本名伝八。東京専門学校その他を中退。1894年ごろから詩作を始め,片山潜らの影響によって社会主義に関心を持つようになり,労働者に心を寄せた詩を《東京独立雑誌》《早稲田文学》などに発表した。1903年に刊行を予定していた詩集《社会主義詩集》は近代詩集では最初の発禁処分を受けたが,《花外詩集》(1904),《ゆく雲》(1906)に社会主義的な詩その他を収め,民衆詩人の先駆者的な姿を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こだまかがい【児玉花外】

1874~1943) 詩人。京都生まれ。本名、伝八。東京専門学校中退。キリスト教社会主義の立場から、「社会主義詩集」を発表、発売禁止となる。他に「花外詩集」「ゆく雲」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児玉花外
こだまかがい

[生]1874.7.7. 京都
[没]1943.9.20. 東京
詩人。本名,伝八。バイロンに傾倒して詩作を始め,『社会主義詩集』 (1903) が発禁処分になったが,これを慰問激励した岩野泡鳴ら 59人の詩文を『花外詩集』 (04) に掲載,反骨を示した。文芸誌『新声』の詩欄選者となり,室生犀星白鳥省吾生田春月正富汪洋らを育てた。晩年は不遇で東京養育院で没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の児玉花外の言及

【火鞭】より

…1905年(明治38)9月~06年5月まで9号発行され,《ヒラメキ》に合併。火鞭会発起人の児玉花外,小野有香,山田滴海,山口孤剣,中里介山,原霞外,白柳秀湖のほか,内田魯庵,木下尚江,徳田秋声などが執筆している。文学作品としては,かならずしも質の高いものばかりとはいえないが,〈批評を以て創作の隷属となすを弾劾し〉として批評のもつ意味を高めた。…

※「児玉花外」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

児玉花外の関連キーワードキリスト教社会主義社会主義文学山本 露葉高浜 長江内海 信之河井酔茗小塚空谷児玉火鞭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android