コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生田春月 いくた しゅんげつ

8件 の用語解説(生田春月の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

生田春月

詩人。鳥取県生。本名は清平。昭和5年(1930)歿、39才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いくた‐しゅんげつ【生田春月】

[1892~1930]詩人・翻訳家。鳥取の生まれ。本名、清平。浪漫的、虚無的な詩風で知られる。瀬戸内海に投身自殺した。詩集「霊魂の秋」「感傷の春」、翻訳「ハイネ全集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

生田春月【いくたしゅんげつ】

詩人。本名清平。鳥取県生れ。生田長江に入門,《霊魂の秋》(1917年),《感傷の春》(1918年)で世に出たが,1930年,《象徴の烏賊(いか)》を残して瀬戸内海で投身自殺をとげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生田春月 いくた-しゅんげつ

1892-1930 大正-昭和時代前期の詩人。
明治25年3月12日生まれ。生家の破産で朝鮮,大阪などを流浪。のち上京して生田長江の書生となり,ドイツ語をまなぶ。大正6年第1詩集「霊魂の秋」でみとめられ,翌年「感傷の春」を刊行。翻訳に「ハイネ詩集」など。昭和5年5月19日播磨灘(はりまなだ)で投身自殺。39歳。遺稿詩集に「象徴の烏賊(いか)」。鳥取県出身。本名は清平。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

生田春月

没年:昭和5.5.19(1930)
生年:明治25.3.12(1892)
大正時代の詩人,翻訳家。鳥取県会見郡米子町道笑町に生まれる。佐太郎,いわの長男。本名清平。明道尋常小学校から角盤高等小学校に進学,このころ,回覧雑誌に詩作を発表。明治37(1904)年,父が商売に失敗したため一家は朝鮮に渡り,この地で辛酸をなめた。明治41年上京,文学を修業し,またドイツ語を学んだ。大正3(1914)年,青踏同人の西崎花世と結婚。6年『霊魂の秋』,7年『感傷の春』を出版,詩人の地位を確立。ハイネ全集など翻訳も多い。しかし生活は貧しく,堺利彦,大杉栄らから虚無的な思想の感化を受けた。初期のキリスト教的な純情な作風から,後期はアナーキスト的なものに変わった。生来の優しい性格が災いしたものか,三角関係の悩みからともいわれるが,神戸発別府行きの汽船菫丸から投身自殺した。

(及川茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いくたしゅんげつ【生田春月】

1892~1930) 詩人。鳥取県生まれ。本名、清平。生田長江宅に寄寓しながらドイツ語を修得。のち、ハイネの翻訳・研究に努めた。純情な魂の苦悶くもんをうたった感傷的・虚無的な詩風。詩集「象徴の烏賊」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生田春月
いくたしゅんげつ

[生]1892.3.12. 鳥取,米子
[没]1930.5.19. 兵庫
詩人。本名,清平。父が事業に失敗したため苦闘の青年時代を過ごしたが,1908年上京し生田長江に師事し,詩作を始めるかたわら独学でドイツ語を修得した。第1詩集『霊魂の秋』 (1917) で甘美で感傷的な情調象徴詩風を示し,続く『感傷の春』 (1918) の成功とあわせて詩人としての地位を確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生田春月
いくたしゅんげつ
(1892―1930)

詩人。鳥取県米子(よなご)市に生まれる。本名清平。生家の破産により幼時より貧困のなかで独学。生田長江宅に寄寓(きぐう)したこともある。詩集『霊魂の秋』(1917)と『感傷の春』(1918)で詩人の地歩を固め、ゲーテやハイネの翻訳でも活躍した。人道主義的社会思想から「虚無的生命主義」に向かったが、昭和5年5月19日、船上より播磨灘(はりまなだ)に投身して没した。[角田敏郎]
『広野晴彦編『生田春月詩集』(1981・弥生書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の生田春月の言及

【ドイツ文学】より

…茅野蕭々(1883‐1946)の《リルケ詩抄》(1927)は名訳の評判が高く,堀辰雄や立原道造をリルケの世界に近づけた。ヘルダーリンに心酔した伊東静雄を含め,日本浪曼派はドイツ文学から深い影響をうけているが,その一方,生田春月の訳編になる《ハイネ詩集》(1917)の意義も特筆に値しよう。中野重治や舟木重信のハイネ研究に受け継がれて,革命詩人としてのハイネのイメージが早くから築かれたからである。…

※「生田春月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生田春月の関連キーワード鳥取県米子市青木鳥取県米子市泉鳥取県米子市内町鳥取県米子市尾高鳥取県米子市車尾鳥取県米子市久米町鳥取県米子市新開鳥取県米子市永江鳥取県米子市中町鳥取県米子市福市

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生田春月の関連情報