コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生田春月 いくた しゅんげつ

百科事典マイペディアの解説

生田春月【いくたしゅんげつ】

詩人。本名清平。鳥取県生れ。生田長江に入門,《霊魂の秋》(1917年),《感傷の春》(1918年)で世に出たが,1930年,《象徴の烏賊(いか)》を残して瀬戸内海で投身自殺をとげた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生田春月 いくた-しゅんげつ

1892-1930 大正-昭和時代前期の詩人。
明治25年3月12日生まれ。生家の破産で朝鮮,大阪などを流浪。のち上京して生田長江の書生となり,ドイツ語をまなぶ。大正6年第1詩集「霊魂の秋」でみとめられ,翌年「感傷の春」を刊行。翻訳に「ハイネ詩集」など。昭和5年5月19日播磨灘(はりまなだ)で投身自殺。39歳。遺稿詩集に「象徴の烏賊(いか)」。鳥取県出身。本名は清平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

生田春月

没年:昭和5.5.19(1930)
生年:明治25.3.12(1892)
大正時代の詩人,翻訳家。鳥取県会見郡米子町道笑町に生まれる。佐太郎,いわの長男。本名清平。明道尋常小学校から角盤高等小学校に進学,このころ,回覧雑誌詩作を発表。明治37(1904)年,父が商売に失敗したため一家は朝鮮に渡り,この地で辛酸をなめた。明治41年上京,文学を修業し,またドイツ語を学んだ。大正3(1914)年,青踏同人の西崎花世と結婚。6年『霊魂の秋』,7年『感傷の春』を出版,詩人の地位を確立。ハイネ全集など翻訳も多い。しかし生活は貧しく,堺利彦,大杉栄らから虚無的な思想の感化を受けた。初期のキリスト教的な純情な作風から,後期はアナーキスト的なものに変わった。生来の優しい性格が災いしたものか,三角関係の悩みからともいわれるが,神戸発別府行きの汽船菫丸から投身自殺した。

(及川茂)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いくたしゅんげつ【生田春月】

1892~1930) 詩人。鳥取県生まれ。本名、清平。生田長江宅に寄寓しながらドイツ語を修得。のち、ハイネの翻訳・研究に努めた。純情な魂の苦悶くもんをうたった感傷的・虚無的な詩風。詩集「象徴の烏賊」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生田春月
いくたしゅんげつ

[生]1892.3.12. 鳥取,米子
[没]1930.5.19. 兵庫
詩人。本名,清平。父が事業に失敗したため苦闘の青年時代を過ごしたが,1908年上京し生田長江に師事し,詩作を始めるかたわら独学でドイツ語を修得した。第1詩集『霊魂の秋』 (1917) で甘美で感傷的な情調象徴詩風を示し,続く『感傷の春』 (1918) の成功とあわせて詩人としての地位を確立した。しかし,アナーキズムの影響を受けたこともあってしだいに虚無的な詩風に近づき,行き暮れた孤独と寂寥感をうたった『象徴の烏賊 (いか) 』 (1930) を残し,播磨灘で投身自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生田春月
いくたしゅんげつ
(1892―1930)

詩人。鳥取県米子(よなご)市に生まれる。本名清平。生家の破産により幼時より貧困のなかで独学。生田長江宅に寄寓(きぐう)したこともある。詩集『霊魂の秋』(1917)と『感傷の春』(1918)で詩人の地歩を固め、ゲーテやハイネの翻訳でも活躍した。人道主義的社会思想から「虚無的生命主義」に向かったが、昭和5年5月19日、船上より播磨灘(はりまなだ)に投身して没した。[角田敏郎]
『広野晴彦編『生田春月詩集』(1981・弥生書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生田春月の言及

【ドイツ文学】より

…茅野蕭々(1883‐1946)の《リルケ詩抄》(1927)は名訳の評判が高く,堀辰雄や立原道造をリルケの世界に近づけた。ヘルダーリンに心酔した伊東静雄を含め,日本浪曼派はドイツ文学から深い影響をうけているが,その一方,生田春月の訳編になる《ハイネ詩集》(1917)の意義も特筆に値しよう。中野重治や舟木重信のハイネ研究に受け継がれて,革命詩人としてのハイネのイメージが早くから築かれたからである。…

※「生田春月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生田春月の関連キーワードズーダーマン生田 花世生田 春月児玉花外生田花世大江満雄下妻由幸ゲーテ歌の本没年旅行

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android