コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児童中心主義 じどうちゅうしんしゅぎ

4件 の用語解説(児童中心主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児童中心主義
じどうちゅうしんしゅぎ

成人中心,教科書中心,知識中心の伝統的な教育に対し,児童の発達段階,児童の自発的な活動や経験を重視し,児童の立場に立って教育の内容,方法等を決定しようとする教育観。古くは J.-J.ルソーや J.ペスタロッチ,近くは J.デューイなどの教育観のなかに認められ,特に 20世紀のドイツにおける教育改革運動のなかで掲げられた「児童から」 vom Kinde ausのモットーに端的に示されており,これと呼応する世界各国の新教育運動の指導理念となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じどうちゅうしん‐しゅぎ【児童中心主義】

教育の目的・内容・方法などを児童の立場から決定しようとする教育上の立場。20世紀初頭、主として米国・ドイツで唱えられ、しだいに世界的な新教育の理念となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じどうちゅうしんしゅぎ【児童中心主義】

児童の人格を尊重し、内的成長力を信頼して、教育の目的・内容・方法を児童の立場に立って決めようとする考え方。二〇世紀前半における新教育運動の理論的基礎をなした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

児童中心主義
じどうちゅうしんしゅぎ
childcentered education

児童を大人中心・教師中心の立場からみて教授・訓練するのではなく、児童の人格とその独自性を認め、児童の自由・活動・興味・自発性を尊重して、教育はすべて児童の発達を中心として行われるべきであるとする教育の主張。[山崎高哉]

『エミール』にみる児童中心主義

この主張の源流はルソーに求められる。彼は『エミール』(1762)において、児童を大人への準備段階にある未熟で不完全な存在であるとみなしていた従来の見解に対して、「子供は獣(けもの)であっても成人した人間であってもならない。子供でなければならない」と力説し、児童の人格および児童期はそれ自体固有の価値をもつものであり、教育は児童の本性に干渉することなく、その「自然の歩み」に従い、その自由な発展を保護し、援助することであると提唱した。
 ルソーのこの思想は、その後ペスタロッチやフレーベルらによって継承・深化され、20世紀初頭エレン・ケイによって現代に復活させられた。彼女の著作『児童の世紀』(1900)はドイツで大反響をよび、当時勃興(ぼっこう)しつつあった芸術教育運動と相呼応して、「児童から」Vom Kinde aus(ドイツ語)を標語に掲げた新教育運動を生んだ。[山崎高哉]

デューイの児童中心学校

一方アメリカでも、教育の中心が児童の外側にあった旧学校を、児童が「太陽」となり、その周りを教育の諸々の営みが回転する新学校に改造しようとしたデューイの実験学校(1896~1904)を皮切りに、1910年代から20年代にかけて、多くの「児童中心学校」child-centered schoolが設立された。これらの学校の主義主張は多岐にわたるが、そのほぼ共通した目標は、児童に自然に発達する自由を与え、児童の興味を学習の動機とし、教師は監督者としてではなく、ガイドとしての自覚をもって児童を援助し、また児童の心身の発達を科学的に研究することなどであった。日本における大正期や第二次世界大戦後の新教育運動もこうした児童中心主義の系譜に属していた。
 児童中心主義に対する批判は、おもに、児童の自然的本性をあくまでも善とみる楽天性・観念性や、あまりにも個人主義的で、教育の社会性への認識の甘さに向けられる。いずれも児童中心主義の弱点をつくものであるが、伝統的な教師中心の教育に対し、児童こそ教育の主体であり、教育は児童の心身の発達の的確な把握から始まらねばならないことを認識させた児童中心主義の功績はけっして見逃されてはならない。[山崎高哉]
『ルソー著、今野一雄訳『エミール』(岩波文庫) ▽ケイ著、原田実訳『児童の世紀』(1960・玉川大学出版部) ▽デューイ著、宮原誠一訳『学校と社会』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

児童中心主義の関連キーワード形式陶冶生活準備説教科書体検定教科書生活学習中心統合法調書中心主義墨塗教科書女性中心の組織教科書採択

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

児童中心主義の関連情報