コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡船 ばはんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八幡船
ばはんせん

奪販,番舶,破帆とも書く。特に室町時代から戦国時代にかけて現れた海賊船一般をいう。後世倭寇の意味に用いられた。倭寇が「八幡大菩薩」の旗印を掲げたことに称呼の起源があるとされるが,確証はない。江戸時代中期以降では「ばはん」は密貿易を意味した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はちまん‐せん【八×幡船】

ばはんせん(八幡船)

ばはん‐せん【×幡船】

室町時代末から安土桃山時代にかけ、朝鮮・中国沿岸に出没した日本の海賊船。はちまんぶね。ばはんぶね。
江戸時代、密貿易船のこと。

ばはん‐ぶね【×幡船】

ばはんせん」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

八幡船【ばはんせん】

八幡のほか奪販・番舶・破帆とも書く。海賊船の総称。〈ばはん〉という言葉は戦国時代以後使われたが,語源は明らかでない。倭寇(わこう)の船が〈八幡(はちまん)大菩薩〉の幟(のぼり)を立てて航海したため幡船と称されたとも伝えられるが,その確証はない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

八幡船(ばはんせん)

山岡荘八の歴史小説短編集。1952年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばはんせん【八幡船】

〈ばはん〉は,戦国時代から安土桃山時代にかけての用例では海賊行為を意味し,江戸時代中期以後では密貿易を意味する言葉。〈八幡〉のほか〈八番〉〈奪販〉〈発販〉〈番舶〉〈破帆〉〈破幡〉〈波発〉〈白波〉〈彭亨〉などの文字もあてられている。《日葡辞書》はBafãと記している。語源は外国語であるという意見が有力である。ただ江戸中期に書かれた《南海通記》が倭寇(わこう)が八幡宮の幟(のぼり)を立てていたので八幡船と呼ばれたと書いたところから,ばはん船は八幡船であり,すなわち倭寇の異名であるとする考えが広く流布するようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はちまんせん【八幡船】

ばはんせん【八幡船】

室町時代、朝鮮や中国沿岸で略奪を行なった海賊、つまり倭寇の船。江戸時代では密貿易船のことをいう。ばはんぶね。ばはん。はちまんせん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八幡船
ばはんせん

日本以外の地、すなわち中国その他に略奪に行くことをバハンといい、また他国へ略奪に行く盗賊の船をバハンブネと称した。中国では「発販」「破幡」「破帆」「波発」「白波」「彭享」とバハンは発音され、日本では「番販」「奪販」「八幡」「謀叛」「婆波牟」、あるいは単に平仮名で「ばはん」があてられた。
 バハンの語源については、八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)の信仰に由来するという説と、ポルトガルや中国などの外国語に由来するとの二つの説がある。前者は、江戸時代の1719年(享保4)香西成資(こうざいしげすけ)の『南海治乱記(なんかいちらんき)』が「わが国の賊船が八幡宮の幟(のぼり)を立て、洋中に出て、西蕃(せいばん)の貿易を侵して財産を奪った。その賊船を八幡船とよんだ」と記しているのが出所である。海上安全を祈願して八幡大菩薩の幟を立てたことは一般的な風習だが、そこにバハン船の語源を求めるのは賛成できない。外国語に由来しているとみたほうが妥当であろう。のち、バハンは海賊行為や略奪行為一般をさし、江戸時代には抜け荷もそうよぶようになった。[宇田川武久]
『田中健夫著『倭寇』(教育社歴史新書) ▽宇田川武久著『瀬戸内水軍』(教育社歴史新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

八幡船の関連キーワード八幡・奪販・番舶・破帆安土桃山時代(年表)海洋文学山岡荘八日の丸幟弥次郎朝鮮

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android