コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡製鉄所争議 やはたせいてつしょそうぎ

2件 の用語解説(八幡製鉄所争議の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

八幡製鉄所争議【やはたせいてつしょそうぎ】

1920年官営八幡製鉄所で起きた労働争議。当時は日本労友会,友愛会支部の2組合があったが,1月労友会は8時間労働制などの嘆願書を提出。当局が交渉を拒否し会員を解雇したため,2月5日3万余の従業員がスト突入,製鉄所開設以来初めて溶鉱炉の火が消えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やはたせいてつじょそうぎ【八幡製鉄所争議】

1920年2~3月,北九州八幡の官営製鉄所(現業労働者2万3000人,現在の新日本製鉄八幡製鉄所)でおきた労働争議川崎・三菱神戸造船所争議に次ぎ,第2次大戦前の日本で2番目に大規模な争議であった。第1次大戦期の物価上昇のもとで,製鉄所では1918年夏から賃上げを要求する動きがあったが,19年に浅原健三(1897‐1967)が中心となって日本労友会を結成,翌20年友愛会八幡支部とともに賃上げ,労働時間短縮などを要求して2波のストライキに入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

八幡製鉄所争議の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽変成相映画理論小作争議小協商地主制推理小説

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone