八幡製鉄所争議(読み)やはたせいてつしょそうぎ

百科事典マイペディア「八幡製鉄所争議」の解説

八幡製鉄所争議【やはたせいてつしょそうぎ】

1920年官営八幡製鉄所で起きた労働争議。当時は日本労友会,友愛会支部の2組合があったが,1月労友会は8時間労働制などの嘆願書を提出。当局が交渉を拒否し会員を解雇したため,2月5日3万余の従業員がスト突入製鉄所開設以来初めて溶鉱炉の火が消えた。弾圧により一時全員就業。その後,加藤勘十の指導下に再度ストに突入。3月解雇者250名,被起訴者63名を出し惨敗した。このあと製鉄所は8時間制を実施するなど事実上組合の要求をいれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「八幡製鉄所争議」の解説

やはたせいてつじょそうぎ【八幡製鉄所争議】

1920年2~3月,北九州八幡の官営製鉄所(現業労働者2万3000人,現在の新日本製鉄八幡製鉄所)でおきた労働争議川崎・三菱神戸造船所争議に次ぎ,第2次大戦前の日本で2番目に大規模な争議であった。第1次大戦期の物価上昇のもとで,製鉄所では1918年夏から賃上げを要求する動きがあったが,19年に浅原健三(1897‐1967)が中心となって日本労友会を結成,翌20年友愛会八幡支部とともに賃上げ,労働時間短縮などを要求して2波のストライキに入った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android