コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅原健三 あさはら けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅原健三 あさはら-けんぞう

1897-1967 大正-昭和時代の労働運動家,政治家。
明治30年2月28日生まれ。大正8年八幡(やはた)製鉄所で日本労友会をつくり,翌年同製鉄所の大争議を指導。九州民憲党を結成し,昭和3年衆議院議員(当選2回)となる。のち無産運動からはなれた。昭和42年7月19日死去。70歳。福岡県出身。日大中退。著作に「鎔鉱炉の火は消えたり」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あさはらけんぞう【浅原健三】

1897‐1967(明治30‐昭和42)
労働運動家,政治家。福岡県生れ。父が小炭鉱経営に失敗,少年時代坑夫生活などで苦労をなめ,17歳のとき上京して日本大学法科に入学し,アナルコ・サンディカリスムの影響をうけた。1919年八幡で製鉄所職工を日本労友会に組織し,翌年〈溶鉱炉の火は消えたり〉で有名な大ストライキを指導,検挙され,出獄後北九州労働運動の有力な指導者となった。25年地方無産政党,九州民憲党を結成,28年第1回普選で代議士に当選,30年にも日本大衆党から出て当選した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅原健三
あさはらけんぞう
(1897―1967)

労働運動家。福岡県生まれ。苦学して日本大学専門部に通ううちに政友会院外団に関係し、またサンジカリズムに共鳴。1919年(大正8)福岡県八幡(やはた)で日本労友会を結成して、翌年八幡製鉄所の争議を指導、「熔礦炉(ようこうろ)の火は消えたり」の言葉で有名になる。北九州の労働運動を指導して1925年九州民憲党を組織し、1928年(昭和3)と1930年の2回衆議院議員に当選した。その後、無産運動から離れ、石原莞爾(かんじ)ら陸軍の「満州グループ」と親交を深め、満州協和会東京事務所にあって政界工作に従事。1938年憲兵隊に逮捕されるが翌1939年釈放され、第二次世界大戦末期には東条内閣反対運動を行った。戦後は1951年(昭和26)西日本建設連盟を主宰した。[赤澤史朗]
『大谷敬二郎著『昭和憲兵史』(1966・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浅原健三の言及

【八幡製鉄所争議】より

川崎・三菱神戸造船所争議に次ぎ,第2次大戦前の日本で2番目に大規模な争議であった。第1次大戦期の物価上昇のもとで,製鉄所では1918年夏から賃上げを要求する動きがあったが,19年に浅原健三(1897‐1967)が中心となって日本労友会を結成,翌20年友愛会八幡支部とともに賃上げ,労働時間短縮などを要求して2波のストライキに入った。製鉄所側は要求をすべて拒絶してロックアウトを実施,弾圧と労働者内部の離間工作をもって対応し,結局労働者側が〈敗北宣言〉を出して終結した。…

※「浅原健三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浅原健三の関連キーワードアナルコ・サンディカリスム八幡製鉄所罷業八幡製鉄所争議西田健太郎加藤勘十昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android