コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八重葎 ヤエムグラ

2件 の用語解説(八重葎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やえ‐むぐら〔やへ‐〕【八重×葎】

雑草が幾重にも生い茂っているくさむら。 夏》「白百合(しらゆり)の花大きさや―/鬼城
「雨の中に―に濡れしょびれて居るのでなしに」〈鏡花・白鷺〉
アカネ科の一年草または二年草。畑ややぶなどに生え、高さ約80センチ。よく分枝し、茎は四角柱で稜に沿って細く短いとげがあり、披針形の葉を6~8枚輪生。夏に淡黄緑色の小花をつける。果実は小さく、鉤(かぎ)状のとげがあって衣服などに付着する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やえむぐら【八重葎】

アカネ科の1~2年草。荒地・畑などに多い。茎は四角く、葉は狭い披針形で数個ずつ輪生。茎・葉に逆向きのとげがある。夏、葉腋や枝先に淡緑色の小花をつける。果実は二分果から成り、かぎ状の毛が密生する。
つる性の雑草が幾重にも茂ったくさむら。一説にカナムグラの古名ともいう。 「 -茂れるやどのさびしさに/拾遺

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八重葎の関連情報