コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公益信託 こうえきしんたくpublic trust

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公益信託
こうえきしんたく
public trust

金銭,有価証券,不動産など個人法人財産を福祉,教育などの公益的事業に振り向ける信託をいう。従来は財団法人がこうした事業の中心となっていたため,アメリカやイギリスと比較しても日本では未発達であったが,1977年に第1号が発足した後,徐々に普及してきている。公益信託の目的としては,奨学金,研究助成などが全体の6割を占め,そのほかにも障害者・老人福祉,国際交流,青少年の健全育成などが主なものであったが,最近ではこれを住民の創意工夫による自主的な町づくり,地域の自然環境保全,郷土文化の振興にも活用しようとする「町づくり公益信託」なども普及し始めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうえき‐しんたく【公益信託】

祭祀(さいし)・宗教慈善学術技芸など公益を目的として設定される信託。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうえきしんたく【公益信託】

祭祀,宗教,慈善,学術,技芸その他公益を目的とする信託(信託法66条)で,個人または法人が社会公共のために財産を信託し,受託者(信託銀行など)に公益活動を行わせる制度である。民間の公益事業には,財団法人や社会福祉法人など公益法人による事業と公益信託による事業とがあるが,英米では公益信託charitable trust(charity)がさかんに利用されている。日本では,1922年に信託法による公益信託の制度が設けられながら久しく実用化が見送られてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうえきしんたく【公益信託】

個人や法人が財産を一定の公益目的に使うため信託すること。信託法に規定。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の公益信託の言及

【信託】より

…日本では1905年の担保付社債信託法によって信託思想が導入され,22年の信託法および信託業法によって一般的な信託制度の法制化が実現した。
[信託の種類]
 信託には大別すると私益信託と公益信託の2種がある。公益信託は宗教,慈善,学術など公益を目的とする信託であり,その設定には主務官庁の許可が必要である(信託法68条)。…

※「公益信託」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公益信託の関連キーワードグラクソ・スミスクラインコミュニティーファンド山路 ふみ子大隅 健一郎サルストン森野 米三湯浅 芳子音丸耕堂祭祀規定一定

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公益信託の関連情報