コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六角紫水 ろっかくしすい

7件 の用語解説(六角紫水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六角紫水
ろっかくしすい

[生]慶応3(1867).3.20. 広島
[没]1950.4.15. 東京
漆芸家。旧姓藤岡,本名注多良。 1893年東京美術学校漆工科第1回の卒業生。同年より同校助教授となり,一時辞職したが,前後 32年間にわたり母校で後進の指導に尽した。 96~98年古社寺保存計画調査官として岡倉天心と国内各地を回り,1904年天心らと渡米。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろっかく‐しすい〔ロクカク‐〕【六角紫水】

[1867~1950]漆芸家。広島の生まれ。本名、注多良(ちゅうたろう)。古来の漆工技術を研究するとともに、白漆・色漆の改良に努めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

六角紫水【ろっかくしすい】

漆芸家。本名注多良。広島県生れ。1894年東京美術学校漆工科の第1回卒業生。母校で教鞭をとり,1904年―1908年には欧米を視察し,また朝鮮楽浪の発掘に携わって出土漆器を調査した。
→関連項目帝国工芸会松田権六

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六角紫水 ろっかく-しすい

1867-1950 明治-昭和時代の漆芸家。
慶応3年3月20日生まれ。岡倉天心らと渡米し,ボストン美術館などにつとめる。大正5年母校東京美術学校(現東京芸大)の教授。実作のほか朝鮮の楽浪(らくろう)漆器,彩漆の製法を研究した。昭和16年芸術院会員。昭和25年4月15日死去。83歳。安芸(あき)(広島県)出身。旧姓は藤岡。名は注多良。著作に「東洋漆工史」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ろっかくしすい【六角紫水】

1867‐1950(慶応3‐昭和25)
漆芸家。広島県生れ。広島師範学校を経て東京美術学校へ進む。1894年同校漆工科の第1回卒業生。同年12月より助教授となった。96年から古社寺保存計画調査官となって古美術を研究したが,1904年岡倉天心とともに渡米,ボストン美術館,メトロポリタン美術館の東洋美術品整理にあたった。ヨーロッパロシア,中国を経て帰国し,東京美術学校へ復職,のちに教授となったが,実作のかたわら国内外の古美術研究にあたり,ことに朝鮮楽浪の発掘調査にたずさわって楽浪漆器の研究に成果をあげ,32年には《東洋漆工史》を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ろっかくしすい【六角紫水】

1867~1950) 漆芸家。広島県生まれ。本名注多良ちゆうたろう。東京美術学校教授。古くからの漆工技術を研究し、漆工界に貢献。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六角紫水
ろっかくしすい
(1867―1950)

漆芸作家。広島県佐伯(さえき)郡大柿(おおがき)村(現広島県江田島(えたじま)市)生まれ。旧姓藤岡、本名注多良(ちゅうたろう)。1893年(明治26)東京美術学校蒔絵(まきえ)科卒業後、六角家の養子になり、母校の助教授に任ぜられ、1944年(昭和19)の退官まで教授として漆工界に君臨した。1904年(明治37)岡倉天心とともに欧米を視察し、のち朝鮮の楽浪(らくろう)遺跡発掘に携わり、出土漆器の研究を行い、あわせて古来の漆工品を研究、『東洋漆工史』(1932)を著す。また化学塗料、色漆(いろうるし)の研究、アルマイトへの漆の応用などにも業績を残した。41年帝国芸術院会員に推された。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六角紫水の関連キーワード稲田九皐高等師範学校師範学校東京学芸大学広島大学徳島大学広島女学院大学広島女子大学松本隆興東京府豊島師範学校

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六角紫水の関連情報