コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六阿弥陀 ろくあみだ

4件 の用語解説(六阿弥陀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六阿弥陀
ろくあみだ

行基 (ぎょうき) の作と伝えられる阿弥陀仏の像を安置した6つの寺院をいう。すべて江戸ないし江戸近郊にあり,元禄年間 (1688~1704) 頃からこれらの寺に彼岸の時期に参詣する風習が盛んとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろく‐あみだ【六××陀】

6か所の阿弥陀仏。春秋の彼岸に参詣すれば利益があるとされ、江戸の町中や近郊にあったものが有名。 春》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ろくあみだ【六阿弥陀】

行基作と伝える阿弥陀像をもつ東京近郊の六つの寺。すなわち王子の西福寺、沼田の恵明寺(古くは延命寺)、滝野川の無量寺、田端の与楽寺、上野の常楽院、亀戸の常光寺。春秋の彼岸に参詣すると利益が大きいとされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六阿弥陀
ろくあみだ

阿弥陀仏を安置する六つの寺を巡拝すること。元禄(げんろく)(1688~1704)のころから行基(ぎょうき)作と伝える阿弥陀像を祀(まつ)る以下の六か寺を春秋の彼岸(ひがん)に参詣(さんけい)して歩くことが盛んに行われたことに始まる。すなわち、一番西福(さいふく)寺(東京都北区豊島(としま)、真言(しんごん)宗豊山(ぶざん)派)、二番延命(えんめい)寺(のち恵明(えみょう)寺に合併。足立(あだち)区江北、単立)、三番無量(むりょう)寺(北区西ヶ原、真言宗豊山派)、四番与楽(よらく)寺(北区田端、真言宗豊山派)、五番常楽(じょうらく)院(調布市西つつじが丘、天台宗。深大寺(じんだいじ)に合併)、六番常光(じょうこう)寺(江東(こうとう)区亀戸(かめいど)、曹洞(そうとう)宗)である。後世これに擬して江戸の西郊にも大養(だいよう)寺(港区虎ノ門、浄土宗)、善長(ぜんちょう)寺(鑑蓮社善長寺。港区芝公園、浄土宗)、春林(しゅんりん)寺(のち西林寺。焼失)、正覚(しょうがく)寺(港区高輪(たかなわ)、浄土宗)、正源(しょうげん)寺(港区白金(しろがね)、単立)、祐天(ゆうてん)寺(目黒区中目黒、浄土宗)などの西方(せいほう)六阿弥陀や、了学(りょうがく)寺(現存せず。千代田区麹町(こうじまち)の心法(しんぽう)寺、港区赤坂の浄土寺を入れる場合もある。いずれも浄土宗)、西念(さいねん)寺(新宿区若葉、浄土宗)、高徳(こうとく)寺(港区北青山、浄土宗)、善光(ぜんこう)寺(港区北青山、浄土宗)、梅窓(ばいそう)院(梅窓院宝樹寺。港区南青山、浄土宗)、龍泉(りゅうせん)寺(港区南青山、浄土宗)などの山の手六阿弥陀が創定され、また鎌倉にも長谷寺(はせでら)の阿弥陀堂をはじめとする鎌倉六阿弥陀を生じた。[森 章司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六阿弥陀の関連キーワード行基焼行基葺き薪の行道工事進行基準兵庫県伊丹市行基町高志才智家原寺《行基式目》《行基年譜》《輿地図》(行基図)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六阿弥陀の関連情報