コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

其奴 スヤツ

デジタル大辞泉の解説

す‐やつ【×奴】

[代]《「そやつ」の音変化》三人称の人代名詞。そいつ。しゃつ。
「―はいづち行くとも、よくありなむや」〈落窪・二〉

そ‐いつ【×奴】

[代]《「そやつ」の音変化》
三人称の人代名詞。相手に近い人、または話題の人をぞんざいにいう語。「其奴はだれだ」
中称の指示代名詞。相手に近いもの、または話題のものをぞんざいにいう語。「其奴を取ってくれ」「其奴はありがたい」

そ‐やつ【×奴】

[代]三人称の人代名詞。相手に近い人、また話題の人をののしったりするのに用いる。そいつ。「其奴のしわざだ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すやつ【其奴】

( 代 )
〔「そやつ」の転〕
三人称。相手側の人や話題の人をさす。そいつ。 「 -はいづち行くとも、よくありなむや/落窪 2

そいつ【其奴】

( 代 )
〔「そやつ」の転〕
三人称。聞き手に近い人をさす語。さす相手をののしる気持ちを含めて使う。 「 -を捕まえてくれ」
中称の指示代名詞。その物。その事。それ。 「 -はしくじったな」

そやつ【其奴】

( 代 )
三人称。相手をののしっていう語。そいつ。しゃつ。 「 -のせいだ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone