彼の人(読み)かのひと

精選版 日本国語大辞典「彼の人」の解説

かの【彼の】 人(ひと)

① あのひと。例のひと。第三者を呼ぶ語。
※三国伝記(1407‐46頃か)一「孔子も夫(カノ)人は不言言時は必ず中(あた)ること有と美め給ふ」
② 恋人。情人。
※虎寛本狂言・墨塗(室町末‐近世初)「彼の人の方へ暇乞にいた物で有うか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「彼の人」の解説

あの‐ひと【彼の人】

[代]
三人称の人代名詞。話し手・聞き手から離れた人をさす。女性から自分の恋人や夫をさしてもいう。
二人称の人代名詞。近世、対等以下の人をさして用いた。
「これこれ、―一荷皆買ふが幾らだ」〈伎・色読販
[類語]彼氏彼女此奴こやつこいつ其奴そやつそいつ彼奴かやつきゃつあいつやつやっこさんこの方この人その方その人あの方彼方あちら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android