コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴さん ヤッコサン

デジタル大辞泉の解説

やっこ‐さん【奴さん】

[名]折り紙で、2の形に折るもの。
俗曲。江戸末期に願人坊主が踊り歌として広め、のちに寄席や花柳界で流行した。踊りを伴うことが多い。
[代]三人称の人代名詞。同等以下の人を軽んじたり、親しみを込めたりしていう語。あいつ。やつ。「奴さん、最近元気がないね」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

奴さん

大分県、有限会社麻生本店が製造・販売する麦焼酎

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

やっこさん【奴さん】

( 名 )
折り紙細工の一。奴 に模して折るもの。
江戸末期に江戸で流行した端唄。花柳界のお座敷唄としてその踊りとともに広まった。源流は不明。
( 代 )
三人称。男性が同輩またはそれ以下の人を親しんで、または多少軽んじて呼ぶ語。あいつ。 「 -今ごろどうしているかな」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奴さん
やっこさん

寄席(よせ)や花柳界で流行した舞踊音楽。幕末期、江戸の町を徘徊(はいかい)した願人坊主(がんにんぼうず)の芸に、『伊勢(いせ)音頭』というのがあった。今日の民謡『伊勢音頭』の歌詞に続いて、「奴さんどちら行く」と歌うのである。同時に、踊りも見せていた。この後半の部分が独立して座敷化し、さらに『姉(あね)さん』や『船頭さん』といった替え歌も生まれた。近年では、落語家桂(かつら)小文治が軽妙な踊りを高座で見せた。[倉田喜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

奴さんの関連キーワード江利 チエミ江利チエミ人代名詞大分県花柳界俗曲

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奴さんの関連情報