コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴さん ヤッコサン

4件 の用語解説(奴さんの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やっこ‐さん【奴さん】

[名]折り紙で、2の形に折るもの。
俗曲。江戸末期に願人坊主が踊り歌として広め、のちに寄席や花柳界で流行した。踊りを伴うことが多い。
[代]三人称の人代名詞。同等以下の人を軽んじたり、親しみを込めたりしていう語。あいつ。やつ。「奴さん、最近元気がないね」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やっこさん【奴さん】

( 名 )
折り紙細工の一。奴に模して折るもの。
江戸末期に江戸で流行した端唄。花柳界のお座敷唄としてその踊りとともに広まった。源流は不明。
( 代 )
三人称。男性が同輩またはそれ以下の人を親しんで、または多少軽んじて呼ぶ語。あいつ。 「 -今ごろどうしているかな」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奴さん
やっこさん

寄席(よせ)や花柳界で流行した舞踊音楽。幕末期、江戸の町を徘徊(はいかい)した願人坊主(がんにんぼうず)の芸に、『伊勢(いせ)音頭』というのがあった。今日の民謡『伊勢音頭』の歌詞に続いて、「奴さんどちら行く」と歌うのである。同時に、踊りも見せていた。この後半の部分が独立して座敷化し、さらに『姉(あね)さん』や『船頭さん』といった替え歌も生まれた。近年では、落語家桂(かつら)小文治が軽妙な踊りを高座で見せた。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奴さんの関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再恭敬車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奴さんの関連情報