コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼常清佐 かねつね きよすけ

2件 の用語解説(兼常清佐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼常清佐 かねつね-きよすけ

1885-1957 大正-昭和時代の音楽学者,音楽評論家。
明治18年11月22日生まれ。京都帝大を卒業したのち,東京音楽学校(現東京芸大)ピアノ科に入学。ドイツに留学後,音響学を研究。またピアニスト無用論などの評論活動で知られた。昭和32年4月25日死去。71歳。山口県出身。著作に「日本の音楽」「日本の言葉と唄の構造」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兼常清佐
かねつねきよすけ
(1885―1957)

音楽学者。山口県萩(はぎ)市生まれ。1910年(明治43)京都帝国大学文学部卒業。平家琵琶(へいけびわ)、地歌三味線などの理論研究で学位を取得。15年(大正4)東京音楽学校ピアノ科入学。22年渡独、帰国後、大原労働研究所で音響学を研究。評論、随筆の面でも活躍し、『ピアニスト不要論』など逆説的論議で楽壇をにぎわした。主著に『日本の音楽』(1913)、『日本音楽教育史』(1932)、『日本音楽と西洋音楽』(1941)などがある。[柴田典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兼常清佐の関連キーワード伊庭孝牛山充大田黒元雄加藤成之鏑木欽作永井幸次深沢吉平門馬直衛梁田貞吉田恒三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兼常清佐の関連情報