コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼常清佐 かねつね きよすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼常清佐 かねつね-きよすけ

1885-1957 大正-昭和時代の音楽学者,音楽評論家。
明治18年11月22日生まれ。京都帝大を卒業したのち,東京音楽学校(現東京芸大)ピアノ科に入学。ドイツに留学後,音響学を研究。またピアニスト無用論などの評論活動で知られた。昭和32年4月25日死去。71歳。山口県出身。著作に「日本の音楽」「日本の言葉と唄の構造」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兼常清佐
かねつねきよすけ
(1885―1957)

音楽学者。山口県萩(はぎ)市生まれ。1910年(明治43)京都帝国大学文学部卒業。平家琵琶(へいけびわ)、地歌三味線などの理論研究で学位を取得。15年(大正4)東京音楽学校ピアノ科入学。22年渡独、帰国後、大原労働研究所で音響学を研究。評論、随筆の面でも活躍し、『ピアニスト不要論』など逆説的論議で楽壇をにぎわした。主著に『日本の音楽』(1913)、『日本音楽教育史』(1932)、『日本音楽と西洋音楽』(1941)などがある。[柴田典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

兼常清佐の関連キーワード平家琵琶昭和時代大正

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android