内航海運(読み)ナイコウカイウン

世界大百科事典 第2版「内航海運」の解説

ないこうかいうん【内航海運】

もっぱら一国の領土内で流動する貨物や旅客海上輸送に従事する海運業をいう。大量輸送とこれによる低運賃輸送の実現という船舶の輸送特性が,船舶輸送を効率的・経済的なものにしている日本の地理的条件と結合しているために,日本の国内貨物輸送における内航海運の重要性は著しく高い。日本の重要産業の生産システムの大部分が海上輸送を前提として配置され,工業地帯の多くが臨海部に位置している現実を見ても,内航海運の重要性がわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の内航海運の言及

【海運業】より

… また,海運業は,国内の貨物や旅客の輸送においても,大きな役割を果たしている。内航海運は,現在,石油製品,鉄鋼,セメント,石炭など日本の重要産業がもっとも必要とする原材料物資の8割余りを,また国内流通貨物全体では約半分(トンキロ・ベースで,1980年度の実績)を,それぞれ輸送している。国内貨物輸送における船舶の重要性がこのようにひじょうに高いのは,日本の基幹産業の生産する産業基礎物資がその輸送需要において大量性と同時に長距離性という特質をもっており,これが船舶による貨物輸送を効率的に行うことを可能にしている日本の地理的条件と海上輸送の低廉性とに結合しているためである。…

※「内航海運」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android