コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内陸砂丘 ないりくさきゅう inland dune

2件 の用語解説(内陸砂丘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内陸砂丘
ないりくさきゅう
inland dune

大陸内部に発達する砂丘。多量の砂が集積する砂漠地帯にみられる風成の堆積地形。最も一般的な形態は断面が風上に緩斜するバルハン型の砂丘で,このほか,卓越風の方向に長く延びる列状砂丘,風食によって風上に馬蹄形に開く凹地をもつマンハなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内陸砂丘
ないりくさきゅう

大陸内部の砂漠に発達する砂丘で、湿潤地域の海岸や河畔、湖畔の砂丘に対応して使用される用語。砂漠にみられる。砂の堆積(たいせき)による地形は砂丘のほかにも起伏のない砂床(さしょう)がある。両者をあわせたものが砂砂漠であるが、その面積は意外に狭く、アラビア砂漠で30%、サハラ砂漠で20%以下、アメリカ合衆国では1%以下である。砂砂漠の砂の起源は、花崗(かこう)岩や砂岩の風化したもの、山麓(さんろく)に堆積した砂礫(されき)、多雨期に河床や湖に運ばれた砂などさまざまである。砂丘の形態は、その堆積する基盤の性状、風向、風力、供給される砂の量などにより異なるが、(1)三日月状で両端が風下に延びるバルハン砂丘、(2)風向に直交する横列砂丘、(3)風向に平行な線状砂丘、(4)塊状砂丘、(5)障害物に関係した砂丘、に分類することができる。[赤木祥彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内陸砂丘の関連キーワード砂丘砂砂漠大陸性気候チェルノーゼム環太平洋地震帯屏風山砂丘の風紋熱成土壌風成砂丘土壌大陸内部砂漠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内陸砂丘の関連情報