コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁切 えんきり

世界大百科事典 第2版の解説

えんきり【縁切】

親子,夫婦,主従など広く人間関係一般を縁といい,これを切ること,ことに男女の縁を切ることをいう。夫婦その他男女の縁をたち切るための縁切は,一般に神仏,樹木,石などに祈願することが多かった。有名な縁切稲荷,縁切地蔵,縁切薬師,縁切榎,縁切石などが各地にある。榎は縁の木と語呂が通じるためか絶縁(または結縁)の木として知られ,この木の皮をはいでひそかに相手に飲ませると効き目があるとされた。また祈願に際し男女背中合せの絵馬を供えることもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の縁切の言及

【履物】より

…〈女護ヶ島〉伝説では,島の女たちが草履を浜に並べ,それをはいた男が女の結婚相手や客となったとされている。逆の縁切りの場合にも,足袋や履物がヒマジルシとして男に贈られることがあった。これは女が結婚するときに,それまで交際をしていた男と別れる際の作法である。…

【楽市・楽座】より

…従来楽市・楽座令は,戦国大名および織豊政権が領国経済の統一,その中心としての城下町の繁栄を目的として発布したものであり,楽市は城下町を課税免除,自由交易の場とするために,楽座は独占的な商工業座の解体を目的とした政策であるとされてきた。しかし現在では,これらの権力の発布した楽市・楽座令の以前に,各地に〈縁切り〉を基本的性格とする楽市場なるものがすでに成立していたことが想定され,この法令は城下町の繁栄を目的とした楽市場の機能の利用と位置づけられるに至っている。そして,この楽市と楽座の関係は,楽市(場)はすべて市場の座(市座)がない楽座であり,楽座は楽市のひとつの属性にすぎないとされている。…

【楽市令】より

… 次に保証型楽市令の条項から本来の楽市場の機能をみると,(1)大名権力などの介入を許さない不入権を保持すること,(2)市場の平和を保つためあらゆる暴力行使が禁止されていること,(3)楽市場の住人の通行安全を保証し,通行税が免除されていること,(4)完全な免税地として存在すること,(5)独占的な販売を行う市場の座(市座)や問屋などの存在を認めない楽座であること,(6)領主の年貢を滞納している者も,他人の債務を負っている者も,それらの関係が消滅し,追及されない場であること,(7)奴隷も市場住人となることによって,身分が解放されること,などの特性がみられる。これらを通して楽市場の基本的性格を考えるならば,あらゆる俗世間的な縁,絆(きずな)が切れる〈縁切り〉の原理が貫いている場であると規定できる。このようにあらゆる権力の支配,社会の規制から自由であることを社会的に承認されていた楽市場は,中世の自由都市,自治都市成立の原点を占める存在であり,当時十楽(極楽)の津(港)と呼ばれた伊勢桑名は,自治都市として権力の支配を拒否していた。…

※「縁切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

縁切の関連キーワード駆け込み寺・駆込み寺群馬県太田市徳川町東京都板橋区本町太田(市)天秀法泰尼穂積 重遠五大力恋緘楽市・楽座椀久末松山覚山志道穂積重遠天秀法泰駆込み寺アジール上野裕子切れ文駆込み不空院殺し場東慶寺

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縁切の関連情報